Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

アバルト500を改名。大幅進化で馬力もアップ!「アバルト595」全ラインアップを刷新

2017年2月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FCAジャパンは、アバルト・ブランドの「アバルト595」の全ラインアップを刷新し、2017年2月25日(土)より全国のアバルト正規ディーラーで販売開始する。

469_news_New595-PR-04

刷新したアバルト595ラインアップの最大の特徴は、前後のバンパーをより一層アグレッシブなデザインに変更した点だ。

フロントバンパーのエアインテークには、ワンメイクレース仕様車 「ASSETTO CORSE」からインスピレーションを得た「ABARTH」の浮き文字があしらわれ、アバルトならではのレースの雰囲気を強調する。なお、これまで「アバルト500」だった名称を「アバルト595」に変更することで、全グレードの名称が「595」となり、フィアット500のラインアップとの差別化が明確になった点もトピックだ。

全グレード共有の変更点は、フロントライト周り(LEDデイランプ)、リヤコンビランプ、センターコンソール周りのほか、新たにグローブボックスとカップホルダーを追加し、ステアリングホイールを新たなデザインに変更している。

また、TFT メータークラスターの機能向上を図り、Gメーターのグラフィックを刷新。さらに、5インチタッチパネルの新型ラジオ(Uconnect)を採用することで、USB、Bluetooth など様々な外部入力に対応するようになった。ボディカラーも、3色(レッド、イエロー、パールホワイト)を新たに導入している。これらの変更は、2016年1月に実施したフィアット500と同様の変更を内外装に施したものだ。

グレード別に見ていくと、アバルト595は最高出力がこれまでの135ps(MT)/140ps(AT)から145psとなりエンジンパフォーマンスが向上した。ボディカラーに新色のレッドを設定するとともに、シートをよりスポーティなデザインに変更。

アバルト595ツーリズモ/595Cツーリズモは、ギャレット製大径タービンに変更すると同時に、最高出力をこれまでの160psから165psとなりエンジンパフォーマンスが向上している。さらに、新デザインの 17 インチホイールを採用するとともに、ブレーキキャリパーをより高級感のあるブラック仕上げに変更した。ボディカラーに新色のパールホワイトを設定したこと、シートをよりスポーティなデザインに変更したこともポイントだ。

アバルト595コンペティツィオーネは、シートをカーボンシェルタイプへの変更のほか、カーボンインサート付のレザー/アルカンターラステアリングホイールを採用することで、他グレードとの差別化を図った点だ。さらに、新デザインの 17インチホイールを採用し、ボディカラーには新色のイエローを設定している。

595

アバルト595商品サイト

595ツーリズモ

アバルト595ツーリズモ/595Cツーリズモ商品サイト
595ツーリズモ
595Cツーリズモ

595コンペ

アバルト595コンペティツィオーネ商品サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる