情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【スローニュース】トヨタ 「プリウスPHV」次世代の本命エコカー発進

2017年2月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC0_9933

プリウスPHVの発表会。左からMS企画室の金子将位置主査、MSカンパニーの吉田守隆プレジデント、石原さとみ、内山田竹志会長

2017年2月15日、トヨタはプリウスPHVをフルモデルチェンジし、トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店の全チャンネルを通じて発売した。新型プリウスPHVは2016年秋に発売予定とされていたが、約3ヶ月遅れでの発売に漕ぎ着けた。

priphv1702_01

■ハイブリッドの次は何か?

予定より発売が遅れた理由は、バッテリーの生産体制、カーボン製リヤドアの生産体制など諸説あるが、その一方で2016年1月にはアメリカ市場でプリウス・プライムの名称で発売を開始しているので、アメリカ市場を最重視したのではないかとも推測される。

priphv1702_03

新型プリウスPHVの詳細解説と、クローズドコースでのプロトタイプ試乗レポートは2016年8月31日に既報の通りで、変更はない。

priphv1702_11

新型プリウスPHVは、先代モデルのフルモデルチェンジというだけではなく、改めてPHVを「次世代環境車の柱」として再定義し、最新のPHVモデルらしく商品力を高めている。さらに、どちらかといえば手探りのモデルであった従来型プリウスPHVとは異なり、ハイブリッド車のプリウスの後継となるグローバルモデルというポジショニングとなっている。発表会の冒頭で示された「ハイブリッドの次は何か?」という問いの答えは「PHV」ということだ。

priphv1702_07

ハイブリッド車のプリウスは日本市場ではエコカーの先駆車であり、燃費を訴求する頂点のモデルとしてブランドを築き上げているが、一方でアメリカにおけるZEV規制のゼロエミッション適合車から除外され、その将来像は不透明になっている。だからトヨタにとっての次世代のエコカーを作り出すことが喫緊の課題であり、PHVは次世代の環境戦略における基幹車種としているわけだ。

priphv1702_04

■グレードと燃費

新型プリウスPHVのグレード展開は、ベースモデルのS、ミドルグレードのA、最上級グレードのAプレミアムの3機種で、Sにはナビパッケージ、Aにはレザーパッケージが設定されている。

ドライバー支援システム「トヨタ セーフティセンスP」(ミリ波レーダー+単眼カメラ)は全車標準装備とし、Sグレード以外は11.6インチ・ディスプレイを持つT-Connect SDナビゲーションシステム+常時接続サービスDCMを標準装備(DCMは3年間無料)としている。

priphv1702_02_01

プリウスPHVは従来型とは異なり、プリウスをベースとしながらも専用のデザインを採用。プリウスよりオーバーハングを長くし、結果的に全長が105mm伸ばされ、フロント、リヤともに専用デザインとなっている。

20170215_01_08

8.8kWhの電力量を持つリチウムイオン・バッテリー

プラグインハイブリッドの新型プリウスPHVは、総電力量8.8kWh(三菱のアウトランダーPHEVのバッテリー電力容量は12kWh)のリチウムイオン電池を採用。これは従来型の2倍となる電力量で、EVによるJC08モード走行距離は68.2km、EV最高速度は135km/h、ハイブリッド走行時のJC08モード燃費は37.2km/Lとなっている。

システム

プリウスPHVのプラグインハイブリッドシステムのレイアウト

なお駆動用のリチウムイオン・バッテリーは、標準のプリウスはリヤシート下に配置しているが、PHVモデルはリヤ・ラゲッジスペース下側に搭載しているため、ラゲッジスペースの床面が上がり、やや狭くなっている。

2モーター駆動

従来からの駆動モーターに加え、急加速時には発電用ジェネレーターを駆動モーターとして使用

また主にドイツ車が採用しているパラレル式PHVの加速力に対抗するため、THS-Ⅱの機構を改良し、急加速時には発電用ジェネレーターも駆動用モーターとして使用する2モーター駆動にしている。2モーターの最高出力は75kWとなり、エンジンを含めたシステム最高出力は122psとなっている。

充電

充電システム

なお充電システムは、Sは100V/200V充電のみで、それ以上のグレードは家庭用100V、200V、CHAdeMO急速充電に対応。(Aグレード以上はCHAdeMO急速充電のレス・オプションも設定している)充電時間は、100Vで14時間、200Vで2時間20分間、急速充電は80%充電で20分間だ。

priphv1702_39

Sグレードにのみオプション設定されるソーラー発電システム

さらにSグレード限定だが28万800円のオプション設定となるソーラー充電システムも追加できる。ルーフに装着されるソーラー発電は最大180Wで、専用のニッケル水素バッテリー+ECUとDC-DCコンバーターを装備し、平均2.9km/日分の充電ができる。

20170215_01_06

カーボン製のフレーム(黒色部)を採用したリヤハッチ・ドア

■車両価格と新技術

プリウスPHVは、その他に冬期に能力低下を抑えるバッテリーヒーター、カーボン製の骨格を持つ軽量なリヤドアや、効率の高いヒートポンプ式エアコン、アダプティブハイビームシステムを搭載したフルLED式ヘッドランプなど新たな技術を採用している。

アダプティブハイビームシステムは、先行車のテールランプや対向車のヘッドランプで車両を認識し、照射範囲を左右16個のLEDで自動制御する。またT-Connect、常時ネット接続のDCMは、今後のトヨタがコネクテッドカー(インターネット常時接続)を積極的に採用する方針であることを示している。

20160530_02_08

11.6インチ縦型ディスプレイ、SDナビ、T-Connect、常時ネット接続のDCMを標準装備

プリウスPHVの価格は、標準のプリウスと比べ約70万円高となり、クリーンエネルギー車補助金を考慮しても高めとなる。そのため、月間販売目標は2500台と控えめだ。課題は販売店が既存のハイブリッド・プリウスとプリウスPHVを併売するにあたり、どのような施策を進めるのかにかかっている。

プリウスPHV価格と諸元表

さとみ

プリウスPHVのCMに登場する石原さとみさん

プリウスPHV 価格表

 

トヨタ・アーカイブ
トヨタ・プリウス中古車情報
トヨタ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる