情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ自動車、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が1,000万台を突破

2017年2月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が2017年1月末までに1,004.9万台(トヨタ調べ)となり、1,000万台を突破したと発表した。

20170214_01_12_s

トヨタは環境への対応を経営の最重要課題の一つと位置付け、「エコカーは普及してこそ環境への貢献」との考えのもと、ハイブリッド車の普及に取り組んできた。1997年8月に日本でコースターハイブリッドEVを発売、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車プリウスを発売して以来、多くのユーザーの支持を得て、2016年4月末の900万台突破から約9か月で累計販売台数1,000万台を達成した。

温室効果ガスの排出量削減が世界的な課題となる中、「21世紀に直面する資源・環境問題にトヨタとしての答えを出そう」と始まった初代プリウスの開発。開発陣は「どのような結果になろうともハイブリッド車を開発することは必ず将来の役に立つ」、「できることをやるのではなく、やるべきことをやる」との志をもってプロジェクトに臨み、世界初の量産ハイブリッド乗用車を世の中に送り出した。
初代プリウスに採用した「THS(TOYOTA Hybrid System)」は2003年に「THS㈼」へと進化を遂げ、その後のトヨタの車両に幅広く展開された。プリウスは「エコカーの代名詞」と呼ばれるまでに受け入れられ、「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の1号車となった4代目は、環境性能だけでなく、運転して楽しいクルマにするべく、走行性能にも徹底的にこだわって開発した。

トヨタがハイブリッド車を投入して20年。エコカーを取り巻く環境は大きく変化してきた。プリウスの普及とともに「環境性能でクルマを選ぶ」というユーザーの新しい基準ができ、ハイブリッド車を開発・導入する会社が増えたことで「ハイブリッド車」という新しいジャンルが定着した。さらに、世界中でハイブリッド車や他の低燃費車が選ばれるようになったことで、自動車業界全体として地球環境問題への貢献を進めるというトレンドを作った点も特筆できる。

ーー初代プリウスの開発責任者である内山田竹志取締役会長
「初代プリウスの発売当時『ハイブリッド』という言葉は世間に全くなじみもなく、乗っている人は『オタク』だとも言われた。しかし、そのような未知のクルマに期待を寄せ、お乗りいただいた多くのお客様に支えられて、ハイブリッド車は1,000万台という節目を迎え、今では『普通のクルマ』になるまで普及することができた。ハイブリッド車をここまで育ててくださった全てのお客様に心から感謝を申し上げるとともに、これからもお客様と一緒に地球環境問題の解決に貢献できるよう挑戦を続けていきたい」と語った。

なお、2017年1月末までに販売したハイブリッド車のCO2排出抑制効果は約7,700万トン、ガソリン消費抑制量は約2,900万kL(いずれも車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車との比較)と試算している。

トヨタは2015年10月に「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表し、地球環境の問題に対してクルマの持つマイナス要因を限りなくゼロに近づけ、持続可能な社会の実現に貢献するために取り組むべきチャレンジを掲げた。トヨタは各種エコカー開発に必要な要素技術を含み、様々な燃料と組み合わせることができるハイブリッド技術を「21世紀の環境コア技術」と位置付け、エコカーのさらなるラインナップの拡充に取り組んでいく。

ハイブリッド車販売台数

ハイブリッド車販売台数

乗用車系ハイブリッド車の累計販売台数

乗用車系ハイブリッド車の累計販売台数

実績データ(ハイブリッド車グローバル販売)

HVグローバル販売累計1,000万台達成記念特設サイトはこちら

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる