情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

日産が32年ぶりに国内販売登録社ランキングの1、2位を独占

2017年2月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車株式会社は2017年2月6日、1月の国内販売登録車ランキングで「ノート」が1位(14,113台)、「セレナ」が2位(11,179台)を獲得したと発表した。「ノート」は2016年の11月にも軽自動車を含む全販売車種のランキングで首位を獲得している。なお、登録車ランキングで日産車が1位、2位を同時に獲得するのは、1984年9月の「サニー」、「ブルーバード」以来、32年ぶりのこと。

1月の国内販売登録車ランキング1位のノート

1月の国内販売登録車ランキング1位のノート

2位はセレナが獲得

2位はセレナが獲得

2016年11月2日に発売したノートは、新たに追加した新電動パワートレーン「e-POWER」が、多くのユーザーから高い評価を獲得。また2016年8月24日に発売した「セレナ」は、室内の広さや使い勝手、快適性に加え、同一車線自動運転技術「プロパイロット」が好評を得ている。

ーー日産の国内販売を担当する専務執行役員の星野朝子氏

「自動車メーカー各社が新機能搭載の新型車を続々と発売する中での『ノート』の1位、『セレナ』の2位獲得は、技術の日産が推し進めるインテリジェントモビリティ、すなわち電動化と知能化の取り組みを多くのお客さまに認めて頂いた結果だと、大変嬉しく、興奮しています。当社の電動化、知能化技術が受け入れられたことは、日本の新しいモビリティ社会が始まったことの証です。私たち日産は、今後も時代のトレンドをいち早く捉え、多くのお客さまに素晴らしい商品を提供していきたいと思います」とコメントしている。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる