情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ 6代目「ワゴンR」詳細解説 ハイブリッドターボもある3機種を展開

2017年2月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC09281

ワゴンR ハイブリッドFZと鈴木俊宏社長

2017年2月1日、スズキは6代目となる新型ワゴンRシリーズを発売した。新型ワゴンRシリーズはさらに出力を向上したマイルドハイブリッドを採用して燃費を向上させるとともに、従来の標準モデル、スティングレーという2機種の展開から、FX、FZ、スティングレーという3機種に拡大し、それぞれ独自のデザインを採用している。

ワゴンRは、スズキの軽自動車のラインアップの中でも重要な車種で、機能性、使い勝手のよい軽自動車ワゴンであり、年齢、性別を問わないマーケットのど真ん中を狙ったモデルだ。しかし、6代目はユーザー層の価値観や生活環境の多様化に適合させるために、新たに機能性とデザインの両立をコンセプトとし、より個性を強めた3タイプのデザインを展開することになった。

3car

新型ワゴンRの3仕様。左上が定番スタイルのFX、右上がスポーティという位置付けのFZ、下が強い個性、存在感をアピールするスティングレー

新型ワゴンRシリーズのアピールポイントは、機能とデザインの両立、ISGモーターだけで走行できるマイルドハイブリッドの搭載、デュアルセンサーブレーキサポートなど、運転支援システムの採用、新世代プラットフォームを採用し、軽量化、高剛性化、No1の室内長を実現するなどパッケージングの改良という4点だ。

img01

ワゴンR ハイブリッドFX(サニーイエローメタリック)

HYBRID FX

ハイブリッドFZのインスツルメントパネル

グレード展開は、標準シリーズはシンプル装備に徹したエントリーモデルのFA、マイルドハイブリッドのFX、FZ、スティングレーはベース車のL、ハイブリッドのX、ハイブリッド+ターボのTという3グレードとしている。

img02

ワゴンR ハイブリッドFZ(ブリスクブルーメタリック)

img03

■デザイン、パッケージング
これまでのワゴンRは標準モデルとスティングレーという2機種をラインアップしていたが、新型は誰からも愛される定番スタイルの「FX」シリーズ、スポーティで上質感のあるスタイリッシュワゴン「FZ」シリーズ、強い個性と存在感を持つ「スティングレー」という3機種のラインアップになった。つまり、より多様なユーザーの多様な嗜好に適応できるようになったわけだ。

スティングレーHYBRID T_ブレイブカーキパール

ワゴンR スティングレー ハイブリッド T(ブレイブカーキパール)Tは唯一のターボモデル

インテリアも、FXシリーズは明るくシンプルなベージュをメインに、FZシリーズはスポーティさ、スティングレーはダイナミックさと上質さを強調したデザインに。

スティングレーHYBRID T

ワゴンR スティングレー ハイブリッドTのインスツルメントパネル

全体のデザインは水平基調で、明快で端正で、安定感を訴えているが、Bピラーは個性的な形状のデザインを採用し、機能とデザインの両立のシンボルとされている。ストロングさをアピールするスティングレーだけはバンパー、グリルだけでなく専用のボンネットを採用し、より強い個性を強調。

size

パッケージは、アルトから導入された新プラットフォームの採用により、ロングホイールベースを生かし、室内長を従来より285mm延長して軽自動車ナンバーワンの長さになっている。また前後の乗員間距離も35mm、室内幅も60mm拡大。フロントの着座位置は15mm低下するなど乗り降りがしやすくし、居住性、視界などを改善している。

HYBRID FZ

ワゴンR ハイブリッドFZのシート

リヤシートは従来通り160mmの前後スライドができ、リヤシートバックを倒すとほぼフラットなラゲージスペースとなる。またリヤシート後方のラゲッジスペースは、アンダーボックスを拡大することで、ベビーカーを立てた状態で収納できるようになっている。さらにリヤドアの左右には軽自動車で初となる傘立ても装備されている。さて、次にマイルドハイブリッドシステムをみてみよう。<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる