Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

働くクルマも燃料電池で!トヨタ自動車、元町工場で燃料電池フォークリフトの利用を開始

2017年2月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は、愛知県豊田市の元町工場に、豊田自動織機製の燃料電池フォークリフト(以下FCフォークリフト)を2台導入し、2017年1月31日より利用を開始した。

20170131_01_01

水素を燃料として発電し稼働するFCフォークリフトは、稼動時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能と、3分程度で燃料充填が完了するなど高い利便性を備えている。さらに、外部給電機能により災害などの非常時に電源としても活用が可能だ。

【編集部からのひと言】
水素キャリアは内閣府主導のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)の項目に含まれ、2020年までにガソリン等価のFCV供給用コストとすることが目標に掲げられており、水素燃料電池開発は国からの支援を受けている背景がある。そのためにも、いろいろな活用領域の拡大などを示し、絵に描いた餅にしてはならないわけだ。

このため、今後、工場でのCO2排出量削減に向けて、現在使用しているエンジン式フォークリフトをFCフォークリフトに置き換えていく予定。まずは元町工場において、2017年に2台、2018年に20台程度導入し、その後、2020年頃までに170〜180台程度の導入を目指す。

なお、今回導入したFCフォークリフト2台は、環境省・国土交通省連携事業である「水素社会実現に向けた産業車両の燃料電池化促進事業」を活用して導入したものだ。

トヨタは、2015年に公表した「トヨタ環境チャレンジ2050」の一つとして、「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現に向け、工場での水素利用を目指して水素エネルギー活用技術の開発・導入を進めている。こうした取り組みの一環として、元町工場以外の工場においてもFCフォークリフトの導入・利用を推進するなど、今後も「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現に向けた取り組みを進めていく予定だ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる