情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル タイでのノックダウン(CKD)生産開始に向けた合弁会社設立へ

2017年1月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士重工業は2017年1月17日、タンチョン・グループ(Tan Chong International Limited)傘下のTC Manufacturing and Assembly (Thailand) Co., Ltd. (以下 TCMA TH)と合弁会社を設立し、タイでのノックダウン生産(現地組立生産、以下 CKD生産)を開始する予定があることを発表した。

現在、東南アジア地域でのスバル車生産は、マレーシアにあるTan Chong Motor Assemblies Sdn. Bhd.の工場が担当している。ここではSUBARU XVおよびフォレスターの2車種について、CKD生産が行なわれている。

しかし今後の東南アジアビジネスにおける、スバルの競争力強化と更なる成長にを考えると、キャパシティは必ずしも充分とは言えない状況だ。そこでTCMA THと富士重工業は2017年2月に、合弁会社「Tan Chong Subaru Automotive (Thailand) Co., Ltd.」を新たに設立し、タイでもCKD生産を開始することにした。出資比率はTCMA THが74.9%、富士重工業が25.1%。生産開始は2019年を目指している。

一方、マレーシアでのCKD生産はそのまま継続される。販売も現在と同様に、タンチョン・グループのスバル販売網を通じて販売していくことになる。

富士重工業が2014年5月9日に発表した中期経営ビジョン「際立とう2020」では、強い事業構造を創る取り組みの1つとして、東南アジア地域での強固な事業基盤の構築を掲げている。今回の合弁会社設立は、成長著しい東南アジア地域においても、スバルの「安心と愉しさ」を提案し、スバルブランドの強化と拡販を目指すものとなるだろう。

《Tan Chong Motor Assemblies Sdn. Bhd.の概要》
所在地   マレーシア クアラルンプール
代表者   Ms. Cindy Lim, Executive Director
設立     1974年5月
資本金   200万マレーシア・リンギット
事業内容  自動車組立業

《Tan Chong Subaru Automotive (Thailand) Co., Ltd.の概要》
所在地   タイ バンコク
設立     2017年2月(予定)
資本金   50億タイ・バーツ(予定)
事業内容  自動車組立業

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー
第3弾:ヨコハマタイヤ スタッドレスタイヤを考える あ~勘違い スタッドレスタイヤの○と×

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる