情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

三菱 軽商用EVミニキャブ・ミーブの利便性を高めて発売

2017年1月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱は、軽商用電気自動車(EV)の「ミニキャブ・ミーブ バン」を一部改良し、販売を開始した。今回の改良はグレード展開の見直しと、機能装備の追加となる。

ミニキャブ・ミーブ バン CD(16.0kWh)4シーター

ミニキャブ・ミーブ バン CD(16.0kWh)4シーター

グレード展開では、駆動用バッテリーの総電力量違いで16.0kWhと10.5kWhの2種を用意。16.0kWhは2シーターと4シーター、10.5kWhは4シーターを設定し、全3仕様の展開となった。また、全モデルともにハイルーフとなる。

装備面では、充電中でもエアコンなどが使用できる空調機能を新たに採用したほか、キーレスエントリーシステム(オプション)にプレ空調スイッチが追加され、乗車前の遠隔空調操作ができるようになった。

また、寒冷地仕様と運転席&助手席シートヒーターが全車に標準装備され、冬季にエアコンと併用することで電力消費を抑制。ニーズの高かったパワーウインドウを運転席と助手席に採用した。

このほか、駆動用バッテリーの満充電または満充電に近い状態での回生ブレーキ力の低下を知らせる回生ブレーキ力警告灯も新たに採用されている。

ミニキャブ・ミーブ バンのラインアップと価格は以下の通り。

ミニキャブ・ミーブ バンのラインアップと価格

ミニキャブ・ミーブ バンのラインアップと価格

ミニキャブ・ミーブの中古車情報はこちら
三菱 公式サイト

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー
第3弾:ヨコハマタイヤ スタッドレスタイヤを考える あ~勘違い スタッドレスタイヤの○と×

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる