情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

三菱 デリカD:2にストロング・ハイブリッドシリーズを追加

2017年1月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱は、コンパクトミニバンの「デリカD:2」にハイブリッドを新たに設定し、販売を開始した。スズキ・ソリオのOEM車となるデリカD:2。すでに販売しているマイルドハイブリッドに加え、優れた燃費と力強い走りを両立させたストロング・ハイブリッドを追加することで、ライフスタイルや用途に合わせて選択できる車種構成となった。

ハイブリッド SZ ナビパッケージ

ハイブリッド SZ ナビパッケージ


【編集部のひと言】
ストロング・ハイブリッドは、フルハイブリッドより電圧が低く駆動モーターが小さいため、限定的なEV走行ができるというレベルだ。このデリカD:2は100Vを採用し、500V以上あるプリウスなどとはポジショニングが異なる。

今回、新たにラインアップに加わったハイブリッド車は、ハイブリッド SX、ハイブリッド SZ ナビパッケージ、カスタム ハイブリッド SV ナビパッケージの3グレード展開となる。

パワーユニットは、1.2L直列4気筒デュアルジェットエンジンに駆動用モーター、高電圧リチウムイオンバッテリー、5速自動マニュアルトランスミッション(5AMT)で構成。

ハイブリッドシステムはEV走行が可能なパラレル方式で、JC08モード燃費32.0km/Lを達成している。もちろんエコカー減税の対象で、自動車取得税と重量税が免税となる。

また、通常走行の標準モードのほか、EV走行の頻度を高めてエコドイブをサポートするエコモードの選択ができる。どちらの走行モードでも、約60km/h以下での一定速走行時にEV走行が可能だ。

カスタム ハイブリッド SV ナビパッケージ

カスタム ハイブリッド SV ナビパッケージ

デザイン面でも差別化が図られており、エクステリアではフロントグリルにブルーメッキをアクセントとして採用し、リアコンビネーションランプをブルークリアとしてエコイメージを演出したほか、左右フロントフェンダーとバックドアにハイブリッド専用のエンブレムを装着する。

一方、インテリアではインパネアッパーガーニッシュをブルーメタリックとすることでエコイメージを演出したほか、モーターパワーメーターを組み合わせたブルー基調のハイブリッド専用メーターを採用しているのが特徴となる。

ハイブリッドのラインアップと価格は以下の通り。

ラインアップと価格

ラインアップと価格

デリカD:2の中古車情報はこちら
三菱 公式サイト

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー
第3弾:ヨコハマタイヤ スタッドレスタイヤを考える あ~勘違い スタッドレスタイヤの○と×

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる