情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アウディA3/S3を改良 1月26日より発売開始

2017年1月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディジャパンは、手頃なサイズ感に、アウディらしい高品質と、卓越した走行性能などを兼ね備えたことで人気を集めているアウディA3(セダン/スポーツバック)と、そのスポーツバージョンであるアウディS3に外装のフェイスリフト、安全装備の充実などの改良を施し、2017年1月26日より全国の正規ディーラー(124店舗、現時点)で発売を開始した。

01

A3/S3スポーツバックは2013年9月以来3年4か月ぶりの、またA3/S3セダンでは2014年1月の初導入以来となる今回の改良は、自動ブレーキシステムの「アウディプレセンス フロント」を含めたアダプティブクルーズコントロール(ACC)が全車標準化されたことだ。さらにquattroモデルに新開発の「ライトサイジングエンジン」が搭載され、スポーティでスタイリッシュな“sport”モデルも新たに設定された。そして300万円を切るエントリー価格から選べるというから嬉しい情報だ。

より充実した安全装備は、ブレーキやアクセルをシステムが自動制御して車間距離と速度を一定に保つ「アダプティブクルーズコントール」をはじめ、追突防止/歩行者保護のための自動ブレーキ機能を含めた「アウディプレセンス フロント」を全モデルに標準装備。さらに、車線維持操作をサポートする「アウディアクティブレーンアシスト」、車線変更時の危険を減らす「アウディサイドアシスト」、渋滞時のドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」などの先進システムも、2017年夏以降の販売車両より「セーフティパッケージ」としてオプション設定。選択することが可能とされた。

エンジンについては、前輪駆動モデルは従来の1.4TFSIエンジン(90kW/122ps)と7速Sトロニックのパワートレーンが踏襲されるが、quattroモデルには、従来の1.8TFSIに代え、アウディ独自の新しい燃焼方式「Bサイクル」を採用した新エンジン(140kW(190ps)を発揮する2.0 TFSI)が新たに搭載された。

また、S3用の高性能版2.0TFSIのパワーを従来の210kW(285ps)から213kW(290ps)に引き上げ、組み合わせるSトロニックトランスミッションも、従来の6速から7速に多段化され、ドライバビリティと燃費効率をさらに改善している。

操作性、機能性の面では、アウディTTやA4シリーズに採用されているフルデジタルの多機能ディスプレイ「バーチャルコックピット」がA3シリーズとして初めて選択可能に。また、アウディユーザーにはお馴染みのMMIコントロールユニットも操作ロジックが全面的に刷新され、より使いやすくされた。

コネクティビティでは、オプションのナビゲーションシステムとの組み合わせで、「アウディ スマートフォンインターフェイス」が利用できるようになり、手持ちのスマートフォンを簡単につなぎ、車載のモニターで特定のアプリの操作などを行なえるようになった。

ボディは従来どおり、5ドアのスポーツバックと4ドアのセダンの2タイプの設定。今回から、ホイールを17インチにサイズアップして車高を15㎜下げた “sport” モデルが、前輪駆動の1.4TFSI、フルタイム4WD仕様の2.0TFSI quattroの両方に新たに設定された。

新型アウディA3/S3 スポーツバック/セダンの価格は以下の通り。

Audi A3/S3 Sportback 価格

  • 1.4 TFSI 293万円
  • 1.4 TFSI sport 329万円
  • 2.0 TFSI quattro 399万円
  • 2.0 TFSI quattro sport 429万円
  • S3 Sportback 606万円

Audi A3/S3 Sedan 価格

  • 1.4 TFSI 311万円
  • 1.4 TFSI sport 347万円
  • 2.0 TFSI quattro 417万円
  • 2.0 TFSI quattro sport 447万円
  • S3 Sedan 624万円

A3 Sportback

A3 Sportback


A3 Sedan

A3 Sedan


S3 Sportback

S3 Sportback


【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー
第3弾:ヨコハマタイヤ スタッドレスタイヤを考える あ~勘違い スタッドレスタイヤの○と×

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる