情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ボルグワーナーがEV用の電動ドライブモジュール市場に初参入

2017年1月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tit

高効率トランスミッションと電気モーターを統合した電機駆動モジュール

2017年1月13日、アメリカ・ミシガン州にあるボルグワーナー本社は、高効率トランスミッション「eGear Drive」を統合した電動ドライブモジュールの販売を開始すると発表した。この製品は中国の主要自動車メーカーが2017年夏に生産を開始する電気自動車の2車種に採用される予定だ。

ボルグワーナーの統合電動ドライブモジュールは、電気自動車、ハイブリッド車向けの電気駆動ユニットだ。電気モーターとトランスミッションの統合設計により、軽量化、コストとスペースの削減、搭載工程の簡略化を実現。各自動車メーカーが求める駆動特性に基づくさまざまなギヤ比に適合し、性能が最適化されるため、完全にカスタマイズされた製品の提供が可能だという。

この製品の特長は、ボルグワーナー社の電気モーター「HVH 250」は、特許取得済みの高電圧技術と、オプションのパワーエレクトロニクスを搭載することで、95%を超える高効率を発揮する点だ。

また、トランスミッションに相当する「eGear Drive」は、高効率なギヤトレーンと軽量、コンパクトな設計により、バッテリー駆動の走行距離を伸ばすことが可能になっている。このためバッテリー容量を削減できるほか、電動パーキングブレーキシステムも利用できる。

ボルグワーナーの総合的な製品ポートフォリオには、電動コンプレッサー(eBooster)、車内暖房、補助冷却ポンプなど、ハイブリッド車および電気自動車向けの先進技術が多く含まれており、これら全ての技術が、世界中の自動車メーカーによるクリーンで効率的な自動車の設計を支援する。

自動車の電動化技術やトルコン製品などを展開するボルグワーナーのグループ会社、ボルグワーナー・パワードライブシステムズの社長兼事業本部長のステファン・デメール博士は、「ボルグワーナーの新しい電気駆動ユニットは、2009年に発売した当社のeGear Driveのノウハウと、2015年に買収したぺミー社から新たに取得した電気モーター技術の専門知識を組み合わせています。この、世界的にも先進的な統合駆動ソリューションを最初に搭載する製品は、中国で現地生産する予定です」と述べている。

ボルグワーナー公式サイト
ボルグワーナー・ジャパン公式サイト

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー
第3弾:ヨコハマタイヤ スタッドレスタイヤを考える あ~勘違い スタッドレスタイヤの○と×

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる