情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ「ハスラー」がJNCAP予防安全性能アセスメントで「ASV++」を獲得

2017年1月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキは2017年1月10日、軽乗用車「ハスラー」がJNCAP予防安全性能アセスメントで「ASV++」を獲得したことを発表した。

スズキが採用する先進の予防安全装備が「デュアルカメラブレーキサポート」。これは誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)といった機能をセットにした、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキシステムだ。

そのデュアルカメラブレーキサポートを搭載したハスラーのX、同ターボ、J STYLE II、同ターボ、さらにメーカーオプションとして設定されるFリミテッドが、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて66.8点を取得。それにより最高ランクの評価である「ASV++」を獲得した。「ASV++」の獲得は、スズキの軽自動車では「スペーシア」に続き2車種目で、登録車の「イグニス」、「ソリオ」も合わせれば4車種目の認定となる。

JNCAP予防安全性能アセスメントは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が自動車の先進安全技術について評価し、結果を公表する制度。評価対象は「前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」、「車線逸脱警報装置(LDWS)」、「後方視界情報提供装置(バックビューモニター)」、「歩行者に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」の4項目で71点満点の評価点が与えられる。評価点の合計が12点を超える場合は「ASV+」として認定され、さらに46点を超えると「ASV++」に認定される。

試験結果詳細はNASVAホームページを参照。

0110_02

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる