情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ヴィッツがマイナーチェンジ!待望のハイブリッドグレードを追加設定

2017年1月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは、ヴィッツをマイナーチェンジし、全国のネッツ店を通じて2017年1月12日に発売した。ヴィッツは、1999年の発売以来欧州をはじめ約80の国と地域で販売し、これまでの累計世界販売台数が700万台を超すTOYOTAブランドの基幹モデル(海外名はヤリス)だ。そのヴィッツに今回のマイナーチェンジで待望のハイブリッドモデルを追加している。

ヴィッツが属するコンパクト2BOX市場において、ハイブリッド車の市場規模が拡大傾向にある中、今回のマイナーチェンジで、ユーザーから強い要望があったハイブリッド車を追加。さらに、市場の中でより強い存在感を発揮すべく、エクステりデザインの大幅な変更を実施した。

また、「持ちうる最大限の知恵と技術を注ぎ込み、通常のマイナーチェンジの枠を超えた大幅な改良を実施した」と開発チームが語るように、ハイブリッドシステムの改良をはじめ、ショックアブソーバーの改良やボディ各部の高剛性化による優れた走行性能の実現、加飾をブラックで統一した内装デザインの採用など、商品の魅力を高めた点もポイントだ。

また、現在製品群ごとにカンパニー制を導入するトヨタだが、このヴィッツは、「Toyota Compact Car Company」が担当。発売にあたって、宮内一公プレジデントは、「我々は、先進技術による安全・安心や環境への配慮はもちろんのこと、キビキビと走る楽しさも併せ持つコンパクトカーづくりに邁進することで、これからもお客様にクルマのワクワク感をお届けしていく」と語った。

●販売概要

  • 販売店 全国のネッツ店
  • 月販目標台数 9,000台
  • 店頭発表会 2017年1月21日(土)、22日(日)
  • 店頭試乗会 2017年1月28日(土)、29日(日)

●車両の主な特長】

1 待望のハイブリッド車の登場

軽量・コンパクトなハイブリッドシステムの搭載により、低燃費と広さを追求したハイブリッド車が追加された。エンジン・モーター・インバーターなどの制御を改良した、1.5Lエンジンのハイブリッドシステムを搭載し、クラストップレベルの走行燃費34.4km/Lを実現。「平成32年度燃費基準+20%」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定取得とあわせ、「エコカー減税」の対象となっている。

パッケージ、取り回しに関しても、駆動用バッテリーをリヤシート下に配置することで、ガソリン車と同等の居住空間・荷室の広さを確保。また、パッケージは全長3,945mm(従来型比+60mm)・全幅1,695mm・最小回転半径4.7m(ガソリン車の165/70R14タイヤ装着車は4.5m)とし、取り回しにも配慮した。

ハイブリッドシステムの主要諸元

ハイブリッドシステムの主要諸元

2 「躍動感」と「洗練」を付与した、より強い印象を放つ外形デザイン

デザイン面も、より強い印象を残すべく一新されている。フロントは、フロントバンパー・ロアグリル・ヘッドランプ・フォグランプカバーが主な変更箇所で、ワイド&ローの構えを強調し、ダイナミックさ・低重心感を付与。Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付・スモークメッキ加飾)をオプション設定し、ライン発光のLEDクリアランスランプとあいまって、精悍さを強調する。リヤは、フロント同様のワイド&ローを強調したバックドア・バックドアガーニッシュ・リヤコンビネーションランプ・リヤバンパー・リヤワイパーを変更。ストップランプに6個のLEDを組み込んだ、LEDライン発光テールランプをオプション設定するなど、印象的なリヤビューの演出にも余念がない。

また、新規開発色クリアブルークリスタルシャイン(オプション)、新規設定色アバンギャルドブロンズメタリックを含む全17色の外板色を設定。「Jewela」グレード専用オプションであるシャイニーデコレーション限定カラーとして、新規設定色ダークブルーマイカとオリーブマイカメタリックを追加するなど、カラーバリエーションにもこだわっている。

vit1701_28_s

3 統一感ある洗練された内装デザイン

加飾箇所をブラックで統一し、洗練されたインテリアを実現。また、「U」(“Sportyパッケージ”含む)に茶系色のバレルブラウンを新規設定し、モダンかつ上質な空間を演出した。また、「HYBRID Jewela」・「Jewela」(“SMART STOPパッケージ”含む)に赤茶系色のマルサラを新規設定し、より質感を向上させた。

4 その他

基本性能の大幅な向上も図った。走行性能については、新構造のショックアブソーバーの採用に加え、ボディ各部のスポット溶接増し打ちなどによるボディ剛性の強化、インスツルメントパネル周りのブレースの板厚アップにより、優れた操縦安定性と乗り心地を両立。安全性能については、従来から設定の衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」に加え、ヒルスタートアシストコントロールを全車標準装備し、より安全な運転をサポートする。スポーティな雰囲気が楽しめる“Sportyパッケージ”を新設定したのもトピック。16インチアルミホイールとエアロパーツでスポーティな外観を演出する。

vit1701_20_s

価格

ヴィッツ 車両情報
ヴィッツ ウェルキャブ 車両情報

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる