情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

東洋ゴム 高性能車用、SUV専用の2種類のニットータイヤを国内で販売開始

2017年1月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_201-e1484269642648

高性能車用の「NT555 G2」(左)とSUV専用の「NT421Q」

2017年1月13日、東洋ゴムの子会社で、NITTOブランドタイヤの国内販売を行なっているニットージャパンが、ハイエンドカー向けのウルトラ・ハイパフォーマンスタイヤ「NT555 G2」と、優れた低燃費性能を発揮するSUV用タイヤ「NT421Q」の新商品2種類を、2月10日から国内で発売開始すると発表し、東京オートサロンで展示した。いずれも価格はオープン価格。

DSC08205

■NT555 G2

高出力、大トルクのエンジン性能を搭載したハイエンドカーは、路面をしっかり捉える優れたグリップ力がタイヤに求められる。この要求に応える「NT555 G2」(従来品NT555の後継モデル)は、操縦安定性や優れたドライグリップ性能を継承し、超高性能タイヤでありながら転がり抵抗性能とウェットグリップ性能を高い次元で両立した低燃費性能をも備えた新商品だ。なお従来品NT555との比較でてウェット制動距離を7%短縮しているという。

img_555g2-e1484270600870

そのためトレッドゴムには、低燃費を実現するシリカを配合し、ドライ/ウェット双方のグリップ力を向上させながら、転がり抵抗を低減。トレッドパターンは従来品NT555のデザインエッセンスを継承した方向性パターンを採用。新たにツインセンターリブを採用し、4本の縦溝で操縦安定性を高めるとともに排水性も向上。また、テーパーブロックと高剛性ショルダーブロックによって、コーナリング時の安定性とグリップ力を向上させている。

構造は高張力レーヨンプライと高剛性プライトッピング、高張力ベルトや高硬度ビードフィラーを採用し、高い剛性を確保したタイヤ構造を実現。コーナリング時の安定性と、ハンドル操作時にレスポンスが優れ、ステアリング応答性を向上させている。

サイズ表

■NT421Q

NT421Qは人気の高いSUV(多目的スポーツ車)のために開発されたタイヤで、SUV用ならではの大径、SUVにマッチするのラグジュアリー&低燃費タイヤだ。

ウェットグリップ性能と転がり抵抗性能を高次元で両立し、展開する全てのサイズで国内タイヤラベリング制度における転がり抵抗性能「A」、ウェットグリップ性能「b」を取得。ユニークでスタイリッシュな非対称トレッドパターンを採用し、街乗りでも快適な静粛性と乗り心地を実現している。

img_421q-e1484270656658

トレッドゴムには低燃費用シリカを配合し、転がり抵抗を低減。耐摩耗ポリマーとウルトラグリップポリマーの採用により、摩耗ライフを損なうことなくウェット性能をバランスよく向上させている。

トレッドパターンは縦溝内を通る空気の流れを意図的に制御するクァイエットセレーション・デザインを採用することでパターンノイズを低減し、上質な静粛性を実現。アウトサイド側を大型ブロックとすることで、コーナリング時の走行安定性を向上させている。また、合計3本のワイドストレートリブによって高い排水性を実現。

タイヤ構造は、補強プライを採用することでロードノイズを低減し、街乗りでの乗り心地(快適性)を向上。また、高硬度プライトッピング、高硬度ビードフィラーを採用することにより、高い剛性を持つタイヤ構造を実現し、操縦安定性やコーナリング性能、ステアリング応答性も向上させている。

性能としては従来品NT420Sと比較して騒音エネルギーを29%低減。「Nano Balance Technology」を駆使した材料開発により、転がり抵抗性能は従来品比で17%低減している。

img_s421-e1484270330954

トーヨータイヤ アーカイブ
ニットータイヤ公式サイト
東洋ゴム公式サイト

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる