Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

日産が次世代セダンの方向性を示すコンセプトカー「Vmotion2.0」を世界初公開

2017年1月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車株式会社は2017年1月9日、2017年北米国際自動車ショーにて、将来のセダンにおけるデザインの方向性を示唆し、「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」技術を搭載した新型コンセプトカー「Vmotion 2.0」を世界初公開した。この「Vmotion 2.0」は、ハイセンスなスタイル、エモーショナルなデザイン、広々とした空間、快適な乗り心地を実現するモデルで、移動が多く、忙しいビジネスパーソンに向けて、将来のモビリティを提案している。

コンセプトカーVmotion2.0

コンセプトカーVmotion2.0

デザイン面の特長はフロントのVモーショングリルを起点として広がっていく、これまでの日産デザインの流れに沿ったもの。ルーフラインはAピラーからトランクまで流れるように造形されていて、シルバースレッドを施したカーボンフィニッシャーがアクセントを加えている。またキャビンはホイールベースを長くとったことから広々としている。

ルーフラインはトランクまで滑らかに続く

ルーフラインはトランクまで滑らかに続く

リヤデザインはブーメラン型テールランプで幅広さを表現。フロントグリルもそうだが、リヤディフューザーも「プロパイロット」作動時には点灯するようになっている。フロントドアとバックドアには観音開きを採用。ピラーレスの広大な開口部は、乗り降りのしやすさという実用面のほか、広々とした空間の実現にも貢献している。

さらにダッシュボートには、ドライバーと助手席向けのインフォテインメントシステムを搭載。横長のスクリーンはプロパイロット使用時に作動するGUI(グラフィックユーザーインターフェース)を搭載している。さらにセンターコンソールには後部シート向けの小型スクリーンも搭載されている。

ドアは観音開きを採用。インナーにはナチュラルなゼブラウッドを採用している

ドアは観音開きを採用。インナーにはナチュラルなゼブラウッドを採用している

ダッシュボートには「グライディングウィング」デザインを採用

ダッシュボートには「グライディングウィング」デザインを採用

ステアリングホイールはどの席からでもスクリーンに映し出されたインフォテインメントクリアに見えるよう設計されている

ステアリングホイールはどの席からでもスクリーンに映し出されたインフォテインメントクリアに見えるよう設計されている

シートにはスレッドレス・キルティングを採用。これは高級ハンドバッグなどにも使用されている手法。またサウンド面では新開発されたマネージメントテクノロジーを含む、BOSE社の「UltraNearfield」を採用することで、ドライバーの周囲360度の音の方向性や距離を自在にコントロールできるようになっている。これによってドライバーは、さまざまな情報をより的確に認識できるようになる。

センターコンソールはシンプルなレイアウトだが、多機能タッチパッドを搭載することでインフォテインメントシステムをコントロールできる

センターコンソールはシンプルなレイアウトだが、多機能タッチパッドを搭載することでインフォテインメントシステムをコントロールできる

Microsoft Word - 2016-12-27Face Concept Release_J(最終版).doc

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる