情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

マツダ デミオ/CX-3 改良モデル 試乗レポート シャシー性能が格段に進化

2017年1月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC07221

2016年11月中旬にデミオ、CX-3が商品改良を受け発売された。この商品改良は、いわゆるマイナーチェンジではなく、ランニングチェンジという扱いで、商品力を向上させるために随時改良されたモデルなのだ。<レポート:松本晴比古/Haruhiko Matsumoto>

マツダのこうした商品改良は、一括企画、つまりモジュール化されたユニットが改良され、進化すると随時、生産モデルに投入し、エクステリアなどをほとんど変えず、機能ユニットや装備、性能を向上させる手法と位置付けられている。

デミオ、CX-3は2015年12月に最初の商品改良を受けているが、今回は丸1年を待たずに行なわれる2回目の商品改良となり、2017年型モデルということができる。

alh

デミオ、CX-3に導入されたLED11セグメントのアダプティブ・ヘッドライト。CX-5、アテンザ用のユニットより大幅に進化している

商品改良の内容としては、1.5Lディーゼル・エンジンにナチュラルサウンドスムーザー、ナチュラルサウンド周波数コントロール技術をセットで導入したこと、Gベクタリングコントロールを全モデルに採用したこと、運転支援システム「i-ACTIVSENSE」は従来機能に加え性能を向上させたスマートブレーキサポート、上級グレードにはミリ波レーダー式クルーズコントロール、AT誤発進抑制制御、アダプティブLEDヘッドライトなどが新たに導入するなどだ。

エクステリアやインテリアの変更は最小限に留められており、装備の充実、クルマの各性能の熟成が行なわれており、前回の商品改良時より幅広い改良が加えられているところがアピールポイントだ。

DSC07294

■CX-3 試乗レポート

CX-3の装備面での改良点は、XD Lパッケージモデルに10wayパワーシートが標準装備され、i-ACTIVSENSEでは最新バージョンを採用。11セグメント式のLEDマトリクス・ヘッドライト、交通標識認識システム、後退時のスマートシティブレーキサポートの機能を追加するなど装備をアップグレードした。

DSC07273

また前方スマートブレーキサポートは、新たに歩行者も検知し、作動速度の上限も30km/hから80km/hへと大幅に向上している。これはセンサーが従来のレーザーレーダー式からカメラ式に変更された結果だ。

DSC07277

しかし、CX-3の改良のより大きなポイントは、乗り心地、静粛性の改良、パワーステアリングの操舵アシストの改善だろう。

DSC07280

走り出すと、乗り心地がマイルドになっていることがわかる。高速道路ではステアリングの落ち着き感があり、切り込む時の素直さ、リニアリティが向上していることが感じられた。

DSC07270

操舵フィーリングとボディの応答性の素直さは、パワーステアリングのアシスト特性の見直しとGベクタリングコントロールの採用による効果が大きく、乗り心地の改善は、前後のサスペンション・ブッシュ、ダンパーの特性変更の改良によるものだという。

DSC07283

また、バックドアの板厚アップやリヤゲート周りの吸遮音材の追加により、常用域での静粛性も向上している。

DSC07300

XD プロアクティブ、XD Lパッケージ、XDノーブルブラウン(特別仕様車)に装備されるアクティブ・ドライビングディスプレイの画像も高輝度になり、これまでより格段に見やすくなっている。しかし新たに追加された交通標識の表示は赤色系なので、これが常時表示されると目立ちすぎてわずらわしさが感じられた。次ページに

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる