Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ 駐車場での安全支援技術で衝突事故大幅軽減

2016年12月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は、駐車場内での衝突事故被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」を搭載している3車種(アルファード、ヴェルファイア、プリウス)について、2015年1月から2016年6月までの18カ月の間に駐車場で発生した事故を調査した。
当該車種約6万台分と契約している保険会社による約2500件の事故データを調査した結果、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故件数は約7割減少し、後退時事故件数については約4割減少という結果を得た。

事故調査結果

ICSは踏み間違いなどによる急発進時に、クリアランスソナーで障害物を認識して衝突被害の軽減に寄与する。2015年発売のアルファード、ヴェルファイア、そしてプリウスからは、センサーの増設と検出距離の延伸により、検出範囲を拡大するとともに制御ソフトを改良。従来のペダル踏み間違いによる衝突被害の軽減だけでなく、駐車場内の低速での移動や車庫入れなど、ペダル誤操作がない場合にも隣接車両や障害物との衝突回避や被害軽減を支援する。

ペダル踏み間違いと思われる事故が増えている昨今、車両に搭載された個々の安全技術・システムの連携を図り、全てのステージにおいて、最適なドライバー支援を追求していくという考え方=「統合安全コンセプト」に基づいたトヨタの「より安全な車両・技術」の必要性が増している。今後どう開発・進歩させていくか、こちらにも注目していく必要がある。

後退時のICS作動イメージ。ICS搭載車、ICS非搭載車の差について検定を行った結果、90%以上の確率で優位な差であることを確認。

後退時のICS作動イメージ。ICS搭載車、ICS非搭載車の差について検定を行なった結果、90%以上の確率で優位な差であることを確認

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる