情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

「シャレード デトマソ」の再来も展示! ダイハツ、東京オートサロン2017に11台のコンセプトカーを出展

2016年12月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツは、2017年1月13日(金)から1月15日(日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2017」に軽乗用車 「ムーヴ キャンバス」や小型乗用車「トール」など、計11台のコンセプトカーを出展する。

【編集部からのひと言】
赤×黒でスポーティな雰囲気溢れるSPORZAを筆頭に注目度の高いコンセプトカー。この中で1台でも市販化されれば面白いのだが……。

ダイハツブースは「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに、4つのカテゴリーでコンセプトカーを出展。ダイハツがこれまで生み出してきた個性的な車両の特長や、従来のカスタムグレードなどをベースアイデアとしながら、さらに新しいカタチへと昇華したコンセプトカーとした。

4つのカテゴリーとは次の通り。

●SPORZA(スポルザ)
ダイハツ往年のホットハッチ「シャレード デトマソ」や「TR-XX」の要素を、現代仕様として復活させたモデルで、ダイハツスポーツラインアップの再始動を想起させるコンセプトカー。赤×黒の専用ボディカラーにゴールドのアルミホイールで、上質なスポーツテイストを演出。ベース車は、ブーン シルク、トール、ムーヴ キャンバス、コペン。

●Grand Custom(グランド カスタム)
専用メッキパーツや大型LEDフォグランプで圧倒的な存在感を表現。迫力と優美さを身にまとった、至高のカスタムスタイルを提案する。ベース車は、トールカスタム、タント カスタム、ムーヴ カスタム。

●Beach Cruisin’(ビーチ クルージン)
専用ボディカラーとオリジナルのラッピングでテイスト系の新たなカタチを提案したモデル。ライフスタイルをゆるく、のんびり、スローに楽しむためのクルマを表現している。ベース車はブーン、ムーヴ キャンバス。

●CROSS FIELD(クロス フィールド)
マットに仕上げた専用ボディカラーとオリジナルのDラッピングなどでアクティブ感を付加。アウトドアが好きな「大人の趣味人」が遊びのフィールドを広げるための一台を表現した。ベース車は、キャスト アクティバ、ウェイク。

東京オートサロン スペシャルサイト(ダイハツ)
https://goo.gl/a8hnp3

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる