Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

【コラム】ルノーのベイビーちゃん。安っぽくならないお洒落の秘訣はガラス!?~ルノー・トゥインゴ@吉田由美

2016年12月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田由美のピンポイント&チャームポイント VOL.74

unnamed (1)

コンパクトでキュートなルックスの3代目「ルノー・トゥインゴ」は、業界人にやたらと評判がいい。つい先日も、某自動車雑誌の座談会で、新型「トゥインゴ」は人気者でした。

全長3620㎜×全幅1650㎜×全高1545㎜のコンパクトなボディに直列3気筒 0.897CCのターボエンジン。「EDC」という2ペダルの6速デュアルクラッチを採用。

DSCN2676

そして、「ダイムラー」のマイクロコンパクトカー「スマート」とプラットフォームを共有する「兄弟車」でRRを採用しているのがトピック。

しかも小さなボディにつぶらな瞳(ヘッドライト)。どんなボディカラーをまとっても、このデザインがすべてをほっこりさせてしまいます。

私がこの時、乗ったのは屋根の開くキャンバストップタイプ「トゥインゴ インテンス キャンバストップ」

DSCN2675

薄い水色のボディカラー「ブルー ドラジェ」で、インテリアも白とボディカラーと同じ水色がポイントで使われ、素敵なアクセントとなっています。その優しい色遣いは、まるでベビーグッズのよう。シートだって、かわいい!とにかく全部丸ごとかわいいのです。

その中で私が注目したのはリヤゲート。

unnamed

しかも上に開く部分は全部ガラスでできています。ほかの部分では全部軽やかな「トゥインゴ」なのに、ここだけガラスの重さを感じるという意外性。

開けるときも、閉めるときも結構な重さです。でも個人的にはむしろこの部分がガラスでできていて、しっかりとした重量感があることで、安っぽくならないような気がします。

さすが、そういうところ、イタフラ系はお上手です。

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる