Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

三菱 ekスペース マイナーチェンジでフロントフェイスを大幅変更

2016年12月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCN0299

「ekスペース/eKスペース・カスタム」が大幅改良され2016年12月21日から販売開始された。スーパーハイトワゴンの市場は2014年に65万台を販売し、その後増税問題で翌年50万台にまで落ち込んだ。しかし、それでも大きな市場であることには変わらず、燃費問題で揺れた三菱としては軽自動車での販売台数回復は重要なポイントになる。

スーパーハイトワゴン市場全体で見ると、30代、40代の女性比率が高く、三菱によればekスペースではその層が弱いという。逆に50代、60代からの支持が多いそうだ。また、標準車とカスタムモデルではそれぞれに異なったイメージや印象を持つユーザーが多い中、ekスペースでは、その差がなくモデルの差別化があまりできていない、という分析もしている。

そこで、今回の大幅改良ではこの差別化を明確にし、個性を打ち出しターゲットユーザーも30代、40代の女性の獲得を目指すという変更を行なった。標準車のキーワードは「親しみやすさ」「キュート」「優しさ」で、カスタムのキーワードは「大人っぽい」「クール」「スタイリッシュ」をポイントに大幅改良した。

DSCN0027

eKスペース・カスタム T

DSCN0140

まずデザインだ。標準車、カスタムともにフロントフェイスを大幅に変更し、グリルとバンパーデザインをそれぞれ変更することで、印象が異なるようにデザイン変更している。標準車はワイド感と親しみやすさを意識したデザインということで、ラウンドしたデザインに変更されたことで、狙いである優しややキュートさといったソフトな印象に仕上がっている。

DSCN0156

DSCN0183

3B20型ターボエンジン

一方カスタムは三菱のデザインコンセプトであるダイナミックシールドを取り入れ、ワイド感を演出している。メッキ部が多くハイクオリティでインパクトのあるフロントフェイスに仕上げている。

また、ヘッドライトデザインでは、夜間でも存在感を発揮するようなフローティングしたクリスタルガラスのような質感のインナーレンズを採用し、存在感と高級感というイメージを持つ。

ホイールの意匠も変更され15インチはダーク塗装に光輝切削したものに変更し、14インチはシルバー塗装に変更されている。

DSCN0237

eKスペース G

外板色では、標準モデルにコーラルピンク、ショコラブラン、ウオーターブルーにホワイトルーフの2トーン仕様を追加し、ホワイトカラーのホイールが専用で装着される。モノトーンにもポピーレッド、コーラルピンク、ウオーターブルーの3色を追加して8色を展開し、合計11色の展開となった。

DSCN0265

また、カスタムはホワイトパールとライトニングブルー、レッドにブラックルーフの2トーン3色が追加された。モノトーンは現行どおりの6色展開で合計9色展開というカラーバリエーションに増えている。

インテリアでは従来型でも好評だった室内高の高さや広さはそのままに、室内快適性のさらなる強化に取り組んでいる。

DSCN0206

高い室内高1400mm、ロールサンシェードはそのままにリヤサーキュレーター機能を強化している。ナノイーやPM2.5対応とするなどで機能性をアップしてる。また、従来UVカットだけだったフロントウインドウ、フロントドアウインドウ、フロントクオーターウインドウにIR赤外線カットガラスを採用している。

DSCN0232

3B20型自然吸気エンジン

シート生地変更では、標準車は親しみやすく、楽しさを感じる若い子育て層をイメージし、伝統的なチェック柄を採用。一方のカスタムはスタイリッシュでクールさを感じるシート生地を採用している。

先進装備では、オートマチックハイビームをカスタムに展開。先行車や対向車を感知すると自動でハイ、ローを切替えてくれる。また、クルーズコントロールをターボ仕様車に採用し利便性向上を図っている。

DSCN0215

そしてこれまで標準車にはなかったターボモデルも追加し、標準車の顔でターボがあるということになった。ちなみに、燃費では自然吸気エンジンでは変更なく22.0km/Lでターボは0.2km/L向上し22.2km/LとNAを上回る燃費になっている。これはアイドリングストップに加えコースストストップ機能が追加されたため達成されたものだ。

三菱eKスペース・カスタム諸元表
三菱eKスペース価格と諸元表

三菱eKスペース価格表

 

ミツビシ アーカイブ
ミツビシ eKワゴン/カスタム アーカイブ
ミツビシ eKワゴン/カスタム中古車情報
三菱自動車公式サイト

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる