Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

三菱 i-MiEVのクオリティと利便性をアップ

2016年12月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱は、電気自動車(EV)の「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を一部改良し、販売を開始した。今回の改良は、内装のリフレッシュに加えて、回生ブレーキや充電中の快適性など多岐に渡っている。

i-MiEV X

i-MiEV X

内装では、インパネのカラーをブラック/アイボリーに変更し、センターパネル中央下部に各種スイッチを集約。さらに、センターコンソールにスマートフォンなどの小物類を置けるカップホルダートレイを装備したことで、操作性や利便性を向上させている。

i-MiEV Xのインテリア

i-MiEV Xのインテリア

また、フロントシートも変更。サポート性に優れる形状とするとともに、インパネカラーとコーディネートしたブラック/アイボリーのシート生地を採用。加えて、シートの背もたれにレッドのアクセントコードを、座面と背もたれ前面にレッドのステッチを配し、ステアリングホイールとシフトノブを本革巻き(ブラック)とすることで、質感を向上している。

回生ブレーキでは、従来は回生ブレーキの力は、フロアのセレクターレバーにより3段階で調整可能となっていたが、今回の改良でステアリングのパドルにより6段階で調整が可能となった。これにより、従来よりも走行状況に最適な回生ブレーキ力が選択できるようになり、走行快適性とエコドライブがレベルアップした。

このほかユーザーニーズに対応し、充電中でもエアコンなどを使用できる空調機能を新たに採用。これで充電の待ち時間も暑さや寒さに悩まされることがなくなる。

また、ボディカラーの充実も図っており、新たにレッドメタリックとライトニングブルーマイカ加え、全5色展開としている。

i-MiEVは、もちろんエコカー減税で自動車取得税と重量税が免税になり、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金も受けられる。

■グレードと価格

i-MiEVの価格とエコカー減税および補助金

i-MiEVの価格とエコカー減税および補助金

アイミーブの中古車情報はこちら
三菱公式サイト

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる