Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ランボルギーニの次世代フラッグシップ アヴェンタドールS 発表

2016年12月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトモビリ・ランボルギーニは2016年12月19日、フラッグシップモデルのアヴェンタドールの次世代モデルである「アヴェンタドールS」を発表した。新しいアヴェンタドールSは、空力的な洗練度を高めた新デザイン、大幅に進化したサスペンションと電子制御、カスタマイズ可能なドライブモード、740psまでパワーアップされたV12エンジンなど、V12ランボルギーニの新たなベンチマークとなるべき存在だ。

02

フロント、リヤそれぞれデザインが改良され、フロントはより攻撃的な印象なものとなっているが、いずれも空力的な機能性を見越した変更とされており、フロントのダウンフォースは先代モデルよりも130%も増加。アクティブリヤウイングが最適な位置にある状態ではハイダウンフォースでの全体効率が50%増加しているなど、空力性能は大幅に向上している。

アヴェンタドールSの大きなトピックスは、ランボルギーニで初採用となる新4輪ステアリングシステム。このシステムによって低中速域での俊敏性が高められたほか、高速安定性が向上。フロントアクスルでは自然かつ素早い反応と、シャープなターンインを可能にするランボルギーニ・ダイナミックステアリング(LDS)と統合されている。

LDSはリヤアクスルに搭載されたランボルギーニ・リヤホイールステアリング(LRS)と統合制御を行なうために搭載されたもの。LRSはドライバーのステア操作に応じて、リアルタイムに角度とコーナリング剛性の調整を行なう。低速域では回転半径を小さくするのに貢献し、街中の低速走行時の扱いやすさを向上させる。

アヴェンタドールSでは「ストラーダ」「スポルト」「コルサ」に加え、新たに「エゴモード」を新採用し、4つのドライブモードを設定。各モードによりエンジン、4WD、ステアリング、サスペンションの挙動が変化する。新たに加わったエゴモードは、ストラーダ、スポルト、コルサの設定をベースに、ドライバーの好みに応じて各部のカスタマイズが可能になっている。

6.5LのV12エンジンは新しい排気システムや、各部の最適化により、先代モデルより40ps増しとなる740psを発生。車重が1575㎏と軽量なため、パワーウェイトレシオは2.13㎏/psとなった。エンジン許容回転数もこれまでの8350rpmから8500rpmへと上昇し、これまで以上にV12エンジンによる音や刺激を味わえるようになっている。

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる