情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

マツダ 新型CX-5を考察してみてわかったこと

2016年12月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSCN6758

左が先代モデル。右が新型CX-5

2016年12月15日に発表した新型CX-5は、さまざま進化と深化を遂げ全方位でクルマに対する向き合い方を研究してきた。こうしたことは日本車としては珍しく、単にフルモデルチェンジをしたというニュースだけにとどまらない内容となっている。

■ポジションチェンジ

フルモデルチェンジにあたり、CX-5はドライバーだけではなく乗員みんなで運転を楽しむことを謳っている。もちろん、ドライバーは操る楽しさ、意のままに動く楽しさ、走る喜びとともに、所有する歓びがあることはもちろんだ。そのために、何をしなければならないか?という基本に立ち返った探求がされている。

DSCN6640

それはデザイン、操安性能、NVH、環境性能、インテリアなどの分野ごとに深化しているが、その前段としてブランドに磨きをかけることを基礎としていることに注目したい。

マツダはかねてから「クルマで人生を幸せにする」というスローガンを掲げ移動の道具ではない愛のあるカーライフを標榜している。

DSCN6636

ロングノーズになったことが印象付けられる

2012年にCX-5はスカイアクティブの構想の下、フルスカイアクティブ・モデルとして登場し、世界120か国で140万台以上の販売実績を上げるマツダの基幹車種に成長している。そして、次なるステップは乗員みんなで楽しむクルマをテーマに開発が進められた。つまり、機械的な、性能的なレベルアップを図るのはもちろんだが、心を豊かにするためには、とか、一緒にいることでの満足感を高めるには、といった工業性能ではない感性性能に魅力に磨きをかけることに挑戦した最初のモデルと見ることができるだろう。

DSCN6671

例えば、ボディに移り込む景色や差し込む光でクルマが素敵に見える、綺麗だと感じ心が動く。そうしたクルマにするには、ボディデザインもさることながら、塗装、色によってもその魅力が表現できると考えているのだ。

ということで、マツダの開発意欲を踏まえたうえで、工業製品としての魅力のアップ、深化についてお伝えしよう。

■エクステリア

マツダのデザインはスカイアクティブの新商品群となって確立された。それは、今回のCX-5のフルモデルチェンジで顕著に感じる。それはプレミアムモデルが用いる手法だが、誰がみてもそのクルマだと分かるデザインであり、メーカーすらイメージできるというデザインであり、デザインそのものがブランドアイデンティティであるということだ。

DSCN6646

フロントグリルは左右に広がり、ヘッドライトは薄型化された

CX-5は新型になってもCX-5であり、他モデルと見間違うことはない。それはメルセデスでもBMWでもアウディでもそうだ。そして先代モデルと現行モデルでは明らかに異なるデザインであるにも関わらず、ドラスティックなデザイン変更は行なわれないという共通性がある。

マツダに限らず日本車の宿命として大衆・量販モデルというポジションでグローバルを戦っている。台数を売ることで利益を出す白物家電的工業製品という一面を持っているからだ。だが、マツダはそこからの脱却を目指しているのだろう。その原動力がスカイアクティブと魂動デザインだと考える。

新型CX-5のデザインは「Refind Toughness=洗練された力強さ」をキーワードに掲げ熟成した骨格、品格のあるフォルム、仕立てのいい質感を軸に作り上げている。

P1J13769s

ボディへの映り込みを見ても、塗装へのこだわりがよくわかる。グッと高級感があがった

先代と比較してAピラーを35mm後退させロングノーズにしている。SUVでありながらロングノーズはスタイリッシュに映り、リズムある先代からスピードへと表現を変更している。それは美しい映り込みを作り込んだフォルムであり、随所にある局面によるボリューム感や彫りの深いディテールにより艶が増し精悍な印象を与えている。

DSCN6656

マツダのロゴマークも立体的に。シグネチャーウイングも存在感が強くなった

ブランド表現で重要なフロントフェイスは、薄型化したヘッドライトに左右への広がりを見せるシグネチャーウイングによって低くワイドな表現を強化している。中央に配されるマツダのロゴマークも立体感が強まり、高級感へとつなげている。

CX-5はデザインだけでなく、塗装にも注力した。新色のソウルレッド・クリスタルメタリックは、従来のソウルレッド・プレミアムメタリックと比較して彩度で約2割、深みを5割増しにしたことで、より瑞々しく艶やかな透明感を表現している。

技術的にはクリア層、透過層、反射層の3層構造としながら、赤色をよりピュアに発色させるための工夫がされている。それはこれまで以上に薄く、小さくした高輝度アルミフレークに加え、そのアルミフレークのサイズを均一化することで、より緻密に光の反射をコントロールして、ハイライトの鮮やかさとシャドー部の深みを際立たせているのだ。

P1J13832s

こうした塗装による艶やかさでクルマは高級に見え、印象も良くなる。こうしたことは技術者であれば知っていることだろうが、実際に挑戦したモデルというのはなかなか聞かない。一般的にプレミアムモデルにとって重要なポイントにも「塗装」「仕上げ」という項目が上がるように、意外と塗装に対しては敏感な人が多いのが富裕層の特徴かもしれない。

こうした塗装品質はベース素材による影響も出る場合がある。つまり鉄板と樹脂に塗装した場合は、見え方に若干の違いが生じることがあるが、これは世界のプレミアムモデルでも抱えている問題である。また、樹脂の伸縮による隙間の違いもあり、悩ましいところだ。CX-5ではこのあたりの問題を実にうまく処理していることに感心する。

■インテリア

DSCN6718

水平貴重とシンプルなデザイン。先代より高級な印象を受けるコクピット

インテリアもずいぶんと大人っぽくなった。ステアリングのセンターからインスツルメントパネルの加飾や左右の空調レバーまでを一直線にデザインし、「アウディもこんな感じかもしれない」と、いつの間にかプレミアムモデルと比較している自分に気づかされた。<次ページへ>

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる