情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル 米国IIHSの2017年安全評価で「トップセイフティピック+」を獲得

2016年12月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士重工業は2016年12月14日、アイサイトを装着した2017年型レガシィ、アウトバック、フォレスターが、基準の強化された米国IIHSの2017年安全評価で最高評価の「トップセイフティピック(TSP)+」を受賞したと発表した。

IIHS(Insurance Institute for Highway Safety:道路安全保険協会)は自動車の安全性評価を行なっている米国保険業界の非営利団体。そのIIHSの2017年安全評価で、北米地区で現在販売しているスバルの2017年型レガシィ、アウトバック、フォレスター(いずれもアイサイト装着車)が、最高評価の「TSP+」を獲得した。

「TSP」を受賞するには前・側・後面・スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)耐衝撃性能試験すべてにおいて、最良の乗客保護性能を持ち合わせた車として最高の「Good」を獲得するとともに、前面衝突予防評価において「Superior」または「Advanced」を獲得することが要求される。さらに「TSP+」を受賞するには、2016年から新たに導入されたヘッドライト性能評価においても、「Good」、「Acceptable」のいずれかの獲得が必要になる。

スバルの3車種は、要求される全ての耐衝撃性能試験において最高評価「Good」を、前面衝突予防性能試験においても最高評価「Superior」を獲得。新規導入のヘッドライト性能試験においてもレガシィが「Good」を、アウトバックとフォレスターが「Acceptable」を獲得した。

スバルのアイサイトは、世界で初めてステレオカメラのみで、自動車、歩行者、二輪車までも対象としたプリクラッシュセイフティ機能や全車速追従クルーズコントロール機能を実現したシステム。2008年5月の日本での発売以来、グローバル市場での展開も順次拡大し好評を得ている。

そのアイサイトの予防安全性能の高さと、衝撃吸収性能の高いボディとの組み合わせ、そしてヘッドライト性能の優秀さについても、今回、スバルの3車は高く評価されたというわけだ。

2017年型 アウトバック(米国仕様)

2017年型 アウトバック(米国仕様)

2017年型 フォレスター(米国仕様)

2017年型 フォレスター(米国仕様)

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる