Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

マセラティの生産工場 「アッヴォカート・ジョヴァンニ・アニェッリ」通算生産台数10万台を達成

2016年12月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月に稼働を開始した、トリノ市グルリアスコにあるマセラティの生産工場「アッヴォカート・ジョヴァンニ・アニェッリ」(以下AGAP)が2016年12月5日、通算生産台数10万台を達成した。AGAPの工場名はフィアットの元名誉会長の名前に由来するもので、スポーツセダン「ギブリ」、フラッグシップセダン「クアトロポルテ」の生産を行なっている。

02

記念すべき10万台目の車両は、ボディカラーが白の「クアトロポルテ」(MY17)で、フェラーリ工場で製造された3.0L V6ツインターボエンジンを搭載するこのモデルは、マセラティにとって最も重要な市場のひとつである中国に向けて輸出されるという。

AGAPで生産された、6代目の『クアトロポルテ』は、歴代シリーズを通して最も販売台数を伸ばし、同じくAGAPにおける『ギブリ』の生産台数も通算で約7万台に達しているという事実から「この3年余りの間にマセラティがかつてない成功を手にしていることが分かる」と、FCAグループの最高執行責任者(COO)で、ヨーロッパ、中東、アフリカ市場を統括するアルフレッド・アルタヴィラはコメントした。

マセラティは、トリノのグルリアスコの工場AGAPと、新しいSUV「レヴァンテ」を生産するミラフィオーリ工場に加え、本社のあるモデナのヴィアーレ・チーロ・メノッティにも第3の生産拠点を稼働しており、ここでは2ドアクーペ「グラントゥーリズモ」とコンバーチブル「グランカブリオ」を生産している。

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる