Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

マツダ 無塗装で高質感のバイオエンジニアリングプラスチックを 「マツダ ロードスター RF」の外装部品に採用

2016年12月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは、三菱化学株式会社と共同で、自動車の外装意匠部品として使用可能なバイオエンジニアリングプラスチック(以下、バイオエンプラ)を開発、「マツダ ロードスター RF」の外装部品に採用することを発表。このバイオエンプラを採用した「ロードスター RF」を、12月8日(木)から東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」に展示するとともに、同材料の技術展示を行なう。

バイオエンプラは、成形性がよく、耐久性の高いバイオプラスチック母材の開発をベースに各種の添加剤、着色剤の混合による材料組成の最適化(特許出願済み)、成形時における金型仕様の最適化などに取り組むことで、自動車の内装意匠部品はもとより、外装意匠部品にも使用できる材料として開発に成功。これにより、塗装を施したABS樹脂などの従来材料と同様の耐久性を兼ね備えつつ、従来塗装品を超える質感を製造時の環境負荷低減を図りながら実現した。

マツダでは、これまでにも植物由来の材料「マツダ バイオテックマテリアル」として技術開発に取り組んでおり、高耐熱・高強度な自動車内装部品用バイオプラスチックの開発や、植物由来100%の繊維からなる自動車用シート表皮の開発に成功している。

バイオエンプラは、植物由来原料使用による石油資源の使用量削減やCO2排出量の抑制、無塗装によるVOC(揮発性有機化合物)の削減により、環境負荷の低減に貢献しながら、従来材料の塗装が施された部品を超える質感(深みのある色合い、鏡面のような平滑感)を材料着色で実現するなど、高い意匠性を持つ自動車外装部品としても使用できるように開発したものだ。

2015年にマツダ車として初めて「ロードスター」の内装意匠部品に採用して以来、「CX-9」や「アクセラ」、「デミオ」にも採用。この度の「ロードスター RF」以降の車種の内装および外装意匠部品として順次、採用されていく予定だ。

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる