Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル XVハイブリッド tS 試乗レポート スポーツ・サウンドと走りのファインチューニンの味わい

2016年12月7日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC06978

STIがチューニングした「XVハイブリッド tS」は2016年7月末から受注を開始し、10月25日に正式発売された。車名に「tS」が付いていることから分かるようにXVハイブリッドをベースにSTIがエクステリア、インテリア、シャシーなどをチューニングした特別仕様車だ。このXVハイブリッド tSを試乗する機会が巡ってきた。<レポート:松本晴比古/Haruhiko Matsumoto>

DSC06984

STIの「tS」モデルは、これまでに歴代レガシィ、フォレスター、エクシーガ、WRX STI、BRZなどに設定されてきたが、XVとしては初めてで、しかもハイブリッド・モデルをベース車に選んでいるという、ちょっと変り種の存在だ。

DSC06979

あえてハイブリッド・モデルを選び、「Enjoy Driving Hybrid」をコンセプトとし、「誰がどこで乗っても気持ちがよく、運転が上手くなるクルマ」を目指したという。つまりこれまでのSTIのコンプリートカーの持つスポーツ・パフォーマンスを強調したモデルという固定イメージから少し外れた存在を狙った、新しい発想のコンプリートカーだ。

DSC06983

現在のSTIは、よりグローバルな市場を意識し、マニアック・ユーザーを対象としたハイパフォーマンス・コンプリートカー造りだけではなく、もう少し幅の広いユーザー層の獲得も視野に入れているようだ。

そのため、XVハイブリッド tSはスポーツ走行指向のユーザー層だけでなく、「誰が乗っても誰がどこで乗っても気持ちがよく・・・」という狙いになっているのだ。

XV ts_P16_念、E ¡æˆ»ã—_07122

また、こうした新たな走りのイメージの変化だけではなく、エクステリア、インテリアも従来のtSシリーズとは違うテイストでまとめられ、内外装ともにオレンジ色のアクセントカラーを採用し、カジュアルなデザイン・テイストを訴求しているのも特徴だ。

DSC06988

しかし、そもそもハイブリッド車を購入するようなユーザー層は、燃費・経済性が第一で、気持ちよい走りなどに興味があるのか? 常識的に考えれば、XVハイブリッド tSはユーザー層の指向の逆を行くクルマだということになる。だが、もともとスバル XVハイブリッドは燃費も走りも両立させるというコンセプトを持っており、STIの手でさらに走りの楽しさの領域を押し広げて、これまでのハイブリッド車の持つイメージを変えるという一種の実験的なモデルということもできる。

■試乗レポート

XVハイブリッド tSのボディカラーは、クリスタルブラック・シリカ、ハイパーブルー、有料色のクリスタルホワイト・パールの3色が設定されているが、試乗車はクリスタルホワイト・パールだ。

DSC06991

エクステリアは、フロント・リップスポイラー、サイドシル外側、ホイールにオレンジのアクセントカラーが使用され、かなりオレンジカラーが目立つ。インテリアもシート、トリム、ダイヤルスイッチ周囲にオレンジ色が配され、嫌でも目に止まる。が、その一方でSTIのこれまでのtSモデルとはまったく世界観が違うことも理解できる。

XVハイブリッドは、もともとモーターでの走行可能時間はごく短く、モーターがエンジンをアシストするシステムだが、XVハイブリッド tSは走り出すと即座にスポーツマフラーから勇ましい排気サウンドが聞こえてくる。もちろん、アクセルの踏み込み量に応じて排気サウンドは高まっていく。

16XVHtS030

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる