情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ「イグニス」が2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントで「ASV++」を獲得

2016年12月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキは2016年12月1日、小型乗用車「イグニス」が2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて最高ランクの「ASV++」を獲得したと発表した。

「使い勝手の良いスタイリッシュなコンパクトクロスオーバー」がコンセプトの小型乗用車「イグニス」は、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」及び「全方位モニター」が設定されている。これらの装備の安全性能が、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて高く評価され、71点中66.3点という高得点を獲得。その結果、最高ランクの評価である「ASV++」をスズキ車で初めて獲得したことを発表した。

JNCAP予防安全性能アセスメントは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が自動車の先進安全技術について評価し、結果を公表する制度だ。2016年度の評価対象は、前年までの「前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」、「車線逸脱警報装置(LDWS)」、「後方視界情報提供装置(バックビューモニター)」の試験に加えて、「歩行者に対する衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」が追加された。

以上の4項目の評価を合計し、71点満点となるのがこのアセスメントの評価システムだ。そして評価点の合計が12点を超える場合は「ASV+」として認定され、さらに46点を超えると「ASV++」に認定される。イグニスの66.3点という得点が、ASV++の中でも非常に高いものであることが理解できる。

イグニスは2016年2月に発売されているが、「デュアルカメラブレーキサポート」を含む「セーフティパッケージ装着車」を選択するユーザーは、2016年10月末時点で約6割に上っているという。それは取りも直さず、ユーザーの安全意識が高まっていることを示しているだけに、スズキは今後も安全技術の取り組みを強化していく方針を明らかにしている。

試験結果詳細はNASVAホームページを参照。

1201_02

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる