情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル アイサイト搭載車が2016年度予防安全性能アセスメントで最高ランクを獲得

2016年12月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士重工業は2016年12月1日、「アイサイト」を搭載する新型インプレッサ、レガシィ、フォレスター、レヴォーグ/WRX S4が、2016年度予防安全性能アセスメントで最高ランクを獲得したことを発表した。

予防安全性能アセスメントは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施しているもの。スバル独自の運転支援システム「アイサイト」を搭載するインプレッサ、レガシィ、フォレスター、レヴォーグ/WRX S4は、2016年度の評価で最高ランクであるJNCAP「予防安全性能評価 ASV++」を獲得した。

2016年度予防安全性能アセスメントでは、2015年度の評価対象となっている衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)[対車両]、車線逸脱警報装置(LDWS)、後方視界情報提供装置に加え、AEBS[対歩行者]を実施。これは道路横断中の歩行者を模擬したターゲットに、時速10km/h〜60km/hで車両を接近させ、警報及び被害軽減ブレーキの作動状況を評価する。

これらの試験で得た得点は、新型インプレッサは68.9点、レガシィは68.0点、フォレスターは69.5点、レヴォーグ/WRX S4は68.5点。この高評価によって、試験車種全てで最高ランクの「予防安全性能評価 ASV++」を獲得することとなった。

スバル車は、これまでに実施された予防安全性能アセスメントにおいて、アイサイトを搭載するすべての車種が最高ランクを獲得している。アイサイトを核とした予防安全性能の高さを実証する結果となった。

2016年10月に発売した新型インプレッサでは全グレードにアイサイト(ver.3)を標準装備することに加え、万一の事故の際、歩行者の頭部への被害軽減を図る歩行者保護エアバッグも標準装備。さらなる安全性能の追求に取り組んでいる。

■参考
試験結果詳細(NASVAホームページ)
スバルオフィシャルウェブサイト(スバルの総合安全)

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる