情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

軽乗用車ダイハツ「タント」を一部改良、新開発の「スマートアシストⅢ」を初めて搭載

2016年12月4日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無題

ダイハツは、軽乗用車「タント」、軽福祉車両「フレンドシップシリーズ」の「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」を一部改良し、2016年11月30日(水)から全国一斉に発売した。

「タント」は、モアスペース系の軽乗用車として、2003年の発売以来、子育てファミリーを中心に人気の同社基幹車種の一つ。今回の一部改良では、ダイハツ独自の衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を進化させた「スマートアシストⅢ」を初めて搭載するなど、安全性能を進化させるとともに、使い勝手を向上させた。

無題1

スマートアシストは、交通事故低減に向け、日常の生活においてクルマを使う中で求められる安全・安心を提供するため、2012年に軽自動車で初めてダイハツが搭載した衝突回避支援システム。現在は軽を中心としたスモールカー9車種に搭載しており、2016年7月には搭載車種の累計販売台数が100万台を突破するなど、スモールカーに最適な機能と、6万円という低価格設定でユーザーから支持されている。

今回新たに開発したスマートアシストⅢは、世界最小の「小型ステレオカメラ」採用で衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者にも対応。さらに作動速度域の拡大を実現したことで、従来よりもさらに安全性が向上した。また、ステレオカメラを小型化したことで、将来的にはタントのようなモアスペース系のみならず、より小型な軽自動車での搭載が可能となる。

無題3

安全性能に関しては、スマートアシストⅢの搭載に加え、リヤに2箇所のソナーセンサーを設置することで、死角となる左右後方の障害物を検知し、ブザー音で運転手に警告する「コーナーセンサー」を搭載。さらに、ダイハツ初のオートハイビームも搭載し、夜間の安心・安全性能を向上させた点もポイントだ。

使い勝手に関しては、パワースライドドアに予約ロック機能を追加したり、すでに「ムーヴ」や「キャスト」などで採用している「D assist 切替ステアリングスイッチ」を全車標準装備している。福祉車両についても、スマートアシストⅢを搭載するなど、「タント」と同様に安全性能と使い勝手を向上させた。

無題2

安全・安心機能を中心に装備を充実し使い勝手を向上させながら、価格は据え置き(4WDおよび「タント スローパー」の一部グレードを除く)としている。

■価格・グレード

価格1

表2 価格2 価格3

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる