情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【コラム】「おじさんの靴下柄シート」は日本の文化 ダイハツ トール/トヨタ ルーミー&タンク」@吉田由美

2016年12月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田由美のピンポイント&チャームポイントVOL.73

unnamed (2)

出た!
久しぶりに見た!
ダイハツとトヨタのOEMで1.0Lのコンパクトミニバン「ダイハツ トール」「トヨタ ルーミー」「トヨタ タンク」のファブリックシートの柄・・・

ダイハツ トール

ダイハツ トール

クルマ自体は、今ドキの安全装備などは備えているし、広いし、使い勝手もなかなか。
しかし、なぜか見つけてしまった「昭和」な部分・・・。それがシート柄。

DSCN6463

おじさんの靴下柄シートは・・・

いえ、これももしかしたら最新、最先端な技術を使ってできているものかもしれませんが、私はあるとき、気が付いてしまいました。
この柄、どこかで見たことがある。あっ、お父さんの靴下柄だ!というわけで、名付けて「おじさんの靴下柄」

DSCN9924

こんな柄もあります

子供のころは無地やアーガイルなどを履いていた人でも、大人になって社会に出て、気が付いたら「おじさん柄」の靴下を履いています。しかし、どう見てもダサい!でもそのことに違和感も疑問も、感じていない様子。いや、むしろ積極的に履いているのかも。もしかしたら、もう自然なことになっているのかもしれません。

DSCN6515
つまり‘おじさんの靴下柄’は、知らず知らずに人の感覚に入り込み、感覚を麻痺させ、普通に履くことに違和感がなくなるのです。
でも海外のクルマでは、どんなカジュアルなクルマであってもこういう柄は採用されていないので、日本独自の文化だと考えられます。だからこそ、こういう柄が自然に採用されてしまうのだと思います。

DSCN6493

トヨタ タンク カスタム

 

でももしかしたら、それは‘狙い’なのかも。
あまりにもスタイリッシュすぎると居心地の悪い人もいます。たとえばマンションなどのショールームやお洒落でモダンなお店は、時々行く分にはよくても、ずっといると落ち着かない。やっぱり畳の部屋が落ち着く。居酒屋がいい、というのと同じなのかも。
クルマだって同じ。カッコイイのがいい、という人ばかりではないのかも。と言いつつ、「トール」も「ルーミー」もそこまでのダサいわけではありませんが、念のため。

DSCN6501

トヨタ ルーミー

というわけで、「おじさんの靴下柄シート」はこの後も日本車独自の文化として受け継がれていくのでしょう。
でも私はこれからも「おじさんの靴下柄はカッコ悪い」と言い続けます。
なぜなら、受け入れられるようになったときは、私も立派なおじさん(おばさん)になった証拠。だからいつまでも拒否していきたいのです。せめて気持ちだけでも(笑)

DSCN6532

ダイハツ トール カスタム

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる