Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

1957年型ジャガーXKSSを完全に再現した限定9台の新生XKSS

2016年11月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガー・ランドローバーのスペシャルオペレーションズであるジャガー・クラシックは2016年11月18日、57年型ジャガーXKSSを再現した新生XKSSをロサンゼルスのピーターセン自動車博物館で初披露した。このXKSSはジャガー・クラシックのエンジニアリングチームの手によって限定9台のみ製作され、2017年に納車される予定となっている。


[編集部からのひと言]
ジャガーとしてはEタイプ・ライトウェイトに続く2例目の再生プロジェクト。今後の自動車業界においてポジションを確立するためには、クラシックモデルに対するケアを充実させブランドとしての価値を高めることが必要、ということなのだろう。

手作業で製造されるXKSS

手作業で製造されるXKSS

ボディは当時の図面と3Dスキャンから形状を確認し型を製作。その上でハンド・ホイーリングによって成形している。

ボディは当時の図面と3Dスキャンから形状を確認し型を製作。その上でハンド・ホイーリングによって成形している。

XKSSというのは1954年から56年にかけてル・マン24時間レースで優勝したDタイプの公道仕様車として、16台のみ製造されたもの。その57年型XKSSのオリジナル図面を元に忠実に再現したのが、今回発売されるXKSSとなる。シャシーナンバーも当時のモデルから続く数字となり、オリジナルボディを元とした新たな金型から起こしたボディや、2000個以上のリベット位置まで、すべてを当時のままとするなどのこだわりを持って製造されている。

シートのシボやダッシュボードの真鍮製ノブまで当時のまま。

シートのシボやダッシュボードの真鍮製ノブまで当時のまま。

メーターはスミス社製ゲージがもたらす遊び心まで再現している。

メーターはスミス社製ゲージがもたらす遊び心まで再現している。

ジャガー・ランドローバーでは2017年に、イギリス・コベントリーに10億円以上を投じて土地を取得し、ジャガー・クラシックの本部を新設する予定。それによってクラシックビジネスを拡大させ、既存のユーザーだけではなく世界中の新世代ファンにも対応をしていく予定だ。

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる