Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

グッドイヤー コンセプトタイヤ「Eagle-360」がタイム誌2016年ベスト発明品に選ばれる

2016年11月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gy2

2016年11月25日、グッドイヤーは同社のコンセプトタイヤ「Eagle-360」がタイム誌の「2016年ベスト発明品」に選ばれたと発表した。

タイムス誌は、毎年、技術分野担当編集者が「世界をより良く、よりスマートに、時としてより楽しくしてくれる発明品」を「ベスト発明品」として選出している。2016年はグッドイヤーのEagle-360コンセプトタイヤを含めて25点が選ばれた。他にはバーチャル・リアリティ対応ヘッドセット、自動で靴ひもが締まるスニーカー、テスラとソーラーシティが共同開発した屋根用タイル一体型ソーラーパネル、シボレーの電気自動車ボルトなどが選ばれている。

GY

グッドイヤーのEagle-360は球体の形状をもつコンセプトタイヤだ。自動運転車に究極の操作性と接続性を提供し、自然界の生物の機能を模倣した技術(バイオミミクリー)を採用している。

グッドイヤー主席技術担当者のジョー・ゼコスキー氏は、「自動運転車において、ドライバーの操作場面が徐々に少なくなり、運転への介入機会が減少していくなか、車体と路面をつなぐタイヤの役割はますます重要になります。そんな未来において、グッドイヤーのコンセプトタイヤは二つの役割を担っています。既存概念にとらわれない自由な発想を形にして、次世代のテクノロジーを検証することです。Eagle-360は未来を見据えたコンセプトタイヤではありますが、グッドイヤーのイノベーション戦略のエッセンスを象徴するタイヤであり、グッドイヤーが見据えるスマートで安全なモビリティを表現するタイヤなのです」と語っている。

タイム誌が選ぶ2016年ベスト発明品の全25品

グッドイヤー アーカイブ
日本グッドイヤー公式サイト
グッドイヤー公式サイト

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる