Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

【密着取材】日本カー・オブ・ザ・イヤー2016−2017 10ベストカー試乗会に潜入 本投票直前!選考員の生の声(中編)

2016年11月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月22日、富士スピードウエイで今年の日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベスト試乗会が行なわれた。
AutoProve編集部は投票前の選考委員にインタビューしてきた。選考委員が何を迷い、何を評価し、これからの自動車産業をどうとらえているのか?質問してみた。

中編は石井昌道氏・中谷明彦氏・竹岡圭氏・飯田裕子氏・島下泰久氏のインタビューを紹介する。

会場となる富士スピードウェイ

会場となる富士スピードウェイ

【密着取材】日本カー・オブ・ザ・イヤー2016−2017 10ベストカー試乗会に潜入 本投票直前!選考員の生の声(前編)はこちら

石井昌道氏

石井昌道氏

石井 昌道(いしい まさみち)
モータージャーナリスト

自動車専門誌の編集部員を経てモータージャーナリストへ。国産車、輸入車、それぞれをメインとする雑誌の編集に携わってきたため知識は幅広く、現在もジャンルを問わない執筆活動を展開。また、ワンメイク・レース等への参戦も豊富。ドライビング・テクニックとともに、クルマの楽しさを学んできた。 最近ではメディアの仕事のかたわら、エコドライブの研究、および一般ドライバーへ広く普及させるため精力的に活動中。

▼今回のCOTYに対して全体的な印象いかがですか?

今年は日本車が少ないですね。。。
ここ5~6年そうですけど、輸入車には特に見るべき点が多いかな。
日本車は伸び悩んでいますが、今年は革新的タイミングかも?

▼気になる車種&気になる点はありますか?(最終投票前ですが)

インプレッサ、プリウス。新プラットフォーム出してきたし、
官能(フィーリング)の部分の評価を上げてきましたね。

▼今後の自動車業界展望、COTYの役割ついて思うこと頂けますか?

ヨーロッパの景気が良すぎて輸入車が強かったけれど、
日本は巻き返してきたかなと言う印象。日本車は強くなってきた。

中谷明彦氏

中谷明彦氏

中谷 明彦(なかや あきひこ)
レーシングドライバー/モータージャーナリスト

武蔵工業大学工学部機械工学科卒(塑性工学専攻)。大学在学中よりレーサー/モータージャーナリストとして活動。1988年全日本F3選手権覇者となるなど国内外で活躍中。自動車関連の開発、イベント運営、雑誌企画など様々な分野でのコンサルタントも行っている。高性能車の車両運動性能や電子制御特性の解析を得意としている。1989年より日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員として就任。1997年よりドライビング理論研究会「中谷塾」を開設しF1パイロット・佐藤琢磨らを輩出。2009年より東京大学と自動車新技術の共同研究に取組む。2010年からは新ジャンルの電気自動車の開発・製作も手がけている。

▼今回のCOTYに対して全体的な印象いかがですか?

国産車が少ない。台数も少ない。

▼気になる車種&気になる点はありますか?(最終投票前ですが)

正直、ワクワクが足りなくて迷ってます。

▼今後の自動車業界展望、COTYの役割ついて思うこと頂けますか?

今は走りが楽しいクルマが減ってきてるから、
エコを超える魅力が出てきてほしいなあと。
日本車に対しては、もっと車好きたちがメーカーを応援してほしいですね。
COTYも日本車メーカーを応援する存在であってほしいですね。

竹岡圭氏

竹岡圭氏

竹岡 圭(たけおか けい)
モータージャーナリスト/タレント/AJAJ副会長

自動車専門誌を中心に、女性誌、一般誌、新聞、インターネット(Web媒体)、TV、ラジオ等々、さまざまな媒体において、執筆者/レポーター・コメンテーターとして活動している女性モータージャーナリスト。 クルマのインプレッションやコラムなどの執筆はもちろん、チャイルドシートやカーグッズ、クルマ旅行など、カーライフ全般を女性の視点からレポートしている。また、各種セーフティドライビングスクールのインストラクターや、イベントでの講演なども積極的に行っており、さまざまな角度から快適なカーライフをサポートするべく、実際にユーザーにアドバイスすることも大切にしている。さらにはクルマ遊びとしてモータースポーツ業界にも参加。自身も自動車競技国際C級ライセンスを所持し、チーム監督、チームマネージャー、そしてドライバーとして楽しんでいる。

▼今回のCOTYに対して全体的な印象いかがですか?

新しいプラットフォームのクルマが多くて、新時代が来たかなと思いました。

▼気になる車種&気になる点はありますか?(最終投票前ですが)

デザインが良くも悪くも「え!」というクルマが多いですね。
デザインの評価に占めるウェイトが重くなってきているので、そこも見て決めたい。
あとは乗って楽しいという気持ちも大事ですね。

▼今後の自動車業界展望、COTYの役割ついて思うこと頂けますか?

シンプル(乗って楽しい車)なクルマと機能的(安全性能)なクルマの2極化になるのかなと。
EV車などはデザインも今よりもっと自由になるので、今後その点は期待してます!

飯田裕子氏

飯田裕子氏

飯田 裕子(いいだ ゆうこ)
モータージャーナリスト

自動車メーカーでOLをした後、フリーの自動車ジャーナリストとして駆け出し、そのキャリアは10年以上。現在の仕事を本格的に始めるきっかけは、OL時代に弟(レーサー:飯田 章)と一緒に始めたレース。その後、女性にもわかりやすいCar & Lifeの紹介ができるジャーナリストを目指す。 独自の視点は『人とクルマと生活』。 免許を取得した神奈川では“一人一台”、東京では“一家に一台”のクルマ生活を経験し、2年半の北米生活をはじめ海外のCar & Life Styleにも目を向けている。 同時に安全とエコの啓蒙活動にも積極的に取り組んでおり、ドライビングインストラクターとしての経験も10年以上になる。 現在は雑誌、ラジオ、TVなど様々なメディアで様々なクルマ、またはクルマとの付き合い方を紹介するほか、ドライビングスクールのインストラクター、シンポジウムのパネリストやトークショーなど、活動の場は幅広い。

▼今回のCOTYに対して全体的な印象いかがですか?

国産車はちょっと不作かなー。輸入車はエントリーも多いし良いクルマを出してきてる。
今年は輸入車が特に元気だと思う。
日本車でも選ぶのに迷うくらい、魅力的なクルマがたくさんあると嬉しい。

▼気になる車種&気になる点はありますか?(最終投票前ですが)

一番票を入れたかったクルマが「10ベストカー」から外れてしまったんです。
日本の賞として、世界に恥じない良いクルマを選びたいなと思ってますので、
プリウス、インプレッサ、ミニバンもっと頑張ってほしいけど…うーん。
人に勧められるクルマを選びたいなと思います、女性としても!

▼今後の自動車業界展望、COTYの役割ついて思うこと頂けますか?

EVやモーターと増えてきていますけど、
もっと環境と楽しさのバランスを取ってほしいなと思います。

また、まだ自動運転技術は不完全だから、
もっと様々な人に理解が広まるべきだし、ひとり歩きしないでほしいなと思います。

あとは、もっとカラフルなクルマがほしい。街で走っていても目を引くし、もっとかっこいいのが出たらいいですね。

島下泰久氏

島下泰久氏

島下 泰久(しました やすひさ)
AJAJ会員/モータージャーナリスト

1972年神奈川県生まれ。専門誌契約スタッフを経て1996年よりフリーランスに。走行性能だけでなく先進環境・安全技術、ブランド論、運転等々クルマを取り巻くあらゆる社会事象を守備範囲とした執筆活動のほか、エコ&セーフティドライブをテーマにした講演も行う。A.J.A.J.(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。近著に「極楽ハイブ リッド運転術」「極楽ガソリンダイエット」(いずれも二玄社刊)がある。

▼今回のCOTYに対して全体的な印象いかがですか?

国産車は少数精鋭で目を引きます。

▼気になる車種&気になる点はありますか?(最終投票前ですが)

選考は悩んでいます。絶対的な本命がいなくて。
世間的にはプリウス、インプレッサなのかなと。
自動運転技術のメルセデスも注目ですよね。
どこを基準にするのかにもよるので、悩んでます。

▼今後の自動車業界展望、COTYの役割ついて思うこと頂けますか?

車好きでない人にとって、自動運転技術は面白いと思います。(今回の)発見エリアはここかな。
一般の人の注目に答えるものになっていくといいなと思うし、
自分もジャーナリストとしてそういう仕事がしたいと思います。

【密着取材】日本カー・オブ・ザ・イヤー2016−2017 10ベストカー試乗会に潜入 本投票直前!選考員の生の声(後編)はこちら

【密着取材】日本カー・オブ・ザ・イヤー2016−2017 10ベストカー試乗会に潜入 本投票直前!選考員の生の声(前編)はこちら

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる