Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ、ロサンゼルスオートショーに「シビック Siプロトタイプ」などを出展

2016年11月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2016年11月16日から開催中のロサンゼルスオートショーにて、北米向け新型シビックシリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」や、Acuraの次世代インテリアコンセプト「アキュラ プレシジョン コックピット」などを世界初公開した。

4161117_001Hs

シビック Siプロトタイプは2017年に発売予定の「シビック クーペ Si」と「シビック セダン Si」のデザインの方向性を示すモデル。

エアロパーツを随所に採用し、多角形型エキゾーストパイプフィニッシャーが特徴的なセンターマフラーや19インチハイパフォーマンスタイヤを装着するなど、シビックシリーズのスポーティさを、より一層際立たせる仕様となっている。

搭載するパワーユニットは、デュアルVTCを備えた1.5L直噴DOHCターボエンジン。それにショートストロークの6速MTを組み合わせたほか、アクティブダンパーやアクティブステアリングシステム、LSDなどの適用により、スポーティな運動性能をさらに強化している。

ホンダブースでは、シビック Siプロトタイプのほかにも、セダン、クーペ、ハッチバック、そして2016年9月にパリモーターショーで公開した「シビック タイプR」プロトタイプなど、10代目シビックシリーズの全ラインアップを展示している。

ホンダの高級車ブランドであるアキュラのブースでは、今後のインテリアデザインとテクノロジーの方向性を示す運転席とインストルメントパネル周りのコンセプトモデル「Acura Precision Cockpit」が出展され注目を集めている。

これはドライバーの視線移動に配慮した大型ディスプレイ、先進の自動運転技術を実現する画像認識システム、そしてタッチスクリーンとリモートコントローラーのそれぞれの長所を取り入れた新しいインターフェースで、より快適で安全な運転を可能とする新たな運転環境を提案したものだ。

2016年1月の北米国際自動車ショー(デトロイト)で発表し、既に量産車デザインへの適用も開始されている「Acura Precision Concept(アキュラ プレシジョン コンセプト)」と併せて、今後の進化の方向性を示している。

The Acura Precision Cockpit fuses a sporty design with a next-gen touchpad-based interface and new Acura operating system.

The Acura Precision Cockpit fuses a sporty design with a next-gen touchpad-based interface and new Acura operating system.

アキュラはこのほか、渋滞時の運転支援機能である「Traffic Jam Assist」を2017年発売のモデルに新たに追加することや、先進の安全運転支援システム「Acura Watch™️(アキュラ ウォッチ)」を搭載したアキュラ車が、7万台に達したことなどを発表した。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる