情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタの水素社会実現に向けた次なる一手、燃料電池技術の大型トラックへの応用を検討

2016年11月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20161118_01_01_s
トヨタ自動車は、かねてより幅広いモビリティに応用可能な燃料電池技術を「ゼロ・エミッション」実現に向けた本命と位置付けて研究開発を進めてきた。
その一環として、米国・カリフォルニア州において、これまで培ってきた技術を応用して大型トラック(セミトレーラー・トラック)へ燃料電池を搭載するフィージビリティ・スタディ(技術・事業化調査)を進めていく。

【編集部のひと言】FCVとEVの違いのひとつとして、現在の技術では大きいものや重い物を動かすためには、消費する電力が大きいためEVでは苦手な分野となるが、FCVでは電力供給を自己解決できるため、進出できる分野になる。

トヨタは、走行中にCO2を一切排出しない「ゼロ・エミッション車」として、燃料電池自動車の「ミライ」を国内外で提供しているが、乗用車に加えて、大型トラックへ燃料電池技術を応用することで、将来的には「貨物輸送におけるゼロ・エミッション」実現に貢献することを視野に入れ、本調査を行なっていく。

トヨタグループは、市販車の「ミライ」に加えて、FCバス、燃料電池フォークリフト、家庭用の定置式燃料電池など、燃料電池の幅広い応用も含めて技術開発・商品展開を推進している。さらに2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都を中心に100台以上のFCバスの導入を予定しており、2017年初めにはFCバスを日本で初めて販売する予定だ。国内外において、グループ一体となって、“水素社会の実現”に向けて歩を進めるトヨタ。今後の動向にも注目したい。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる