Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

リトラクタブルハードトップモデル 「マツダ ロードスター RF」を発表

2016年11月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは、人気を集めている小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター」に、電動格納式ルーフを採用したリトラクタブルハードトップモデル「マツダ ロードスター RF」を、全国のマツダの販売店を通じて11月10日より予約受付を開始、12月22日に発売することを発表した。

01

「ロードスター RF」は、先代のNC型で目指した「オープンカーの楽しさを身近に」という想いはそのまま、革新的なデザインで、かつ簡易に開閉できるルーフの採用など、リトラクタブルハードトップモデルとして「ロードスター」のさらなる進化に挑戦したもの。

「ロードスター RF」ではルーフから車両後端まで、なだらかに傾斜する「ファストバック」スタイルを採用。ルーフの開閉に応じて開閉するリヤウインドウによる新しいオープンエア感覚を実現している。
電動ルーフはスイッチ操作のみで開閉できる仕様へと進化。流れるような開閉動作もさることながら、限られたスペースに効率良く収納する構造により、ソフトトップモデルとほぼ同等の荷室容量を確保している点も注目だ。

02

走行性能については、新しいスタイルに見合った上質でしなやかな走りを目指して、ソフトトップモデルより排気量の大きいガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」を採用。また、専用シートやBrembo社製ブレーキをメーカーオプションで採用した、走りの楽しさを深めたモデル「RS」も設定している。
一方、インテリアは、上質さを感じられる空間を目指し、精緻に造りこまれている。上級モデル「VS」にはオーバーン(赤褐色)の「ナッパレザー」が採用され、落ち着いた洗練された印象を演出している。

03

「マツダ ロードスター RF」のメーカー希望小売価格(消費税込)

S SKYACTIV-MT(6MT) 324万円
6EC-AT 326万1600円

VS※ SKYACTIV-MT(6MT) 357万4800円
6EC-AT 3,596,400円

RS SKYACTIV-MT(6MT) 373万6800円

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる