Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ポルシェ 新型パナメーラ、パナメーラ4、パナメーラ エクゼクティブの予約受注を開始

2016年11月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェは、ロサンゼルスモーターショーでパナメーラの新型V6ターボエンジン搭載モデルと、ボディを延長したエグゼクティブを発表しているが、それらの予約受注を全国のポルシェ センターにおいて2016年12月9日より開始する。

【編集部のひと言】日本ではポルシェといえば911が思い浮かぶが、欧州も含め諸外国では、もはやパナメーラを指していることも多くなっている。そのため、ショーファーまでラインアップは拡大されているのだ。

パナメーラ ターボ エグゼクティブ

パナメーラ ターボ エグゼクティブ

パナメーラ4S エグゼクティブ

パナメーラ4S エグゼクティブ

第2世代のパナメーラは、V8型エンジン搭載の4WDモデルとしてパナメーラ4Sとパナメーラターボ、そしてプラグインハイブリッドのパナメーラ4E-ハイブリッドが、すでに日本国内でも予約受注を開始されている。今回はさらにV6型エンジン搭載のエントリーグレードと、ロングホイールベースのトップエンドのグレードを追加することで、そのラインアップを大幅に拡大した。

新型V6ターボエンジンは、先代に搭載されていたものの最高出力を20PS上回る243kW(330PS)を発生しながら、燃料消費量はさらに1.0L/100km低減。後輪駆動のパナメーラ、4WDのパナメーラ4、そしてロングホイールベースのパナメーラ4エグゼクティブに、この新エンジンが搭載される。

パナメーラは初代から第2世代へとモデルチェンジされた際に、ホイールベースを30mm延長しているが、それをさらに150mm延長して後席居住性を向上させ、同時に装備の充実を図ったのが、今回追加されたエグゼクティブだ。ショーファードリブンとして設計されたこのロングバージョンには、4WDのパナメーラ4エグゼクティブ(243kW/330PS)、パナメーラ4 E-ハイブリッドエグゼクティブ(340kW/462 PS)、パナメーラ4Sエグゼクティブ(324kW/440PS)、およびパナメーラ ターボエグゼクティブ(404kW/550PS)が用意される。

パナメーラ4 E-ハイブリッド エクゼクティブ インパネ

パナメーラ4 E-ハイブリッド エクゼクティブ インパネ

パナメーラ ターボ エグゼクティブ リアシート

パナメーラ ターボ エグゼクティブ リアシート

パナメーラ エブゼクティブならではの装備としては、大型パノラミックルーフ、フロントとリヤのマルチウェイ電動調節式コンフォートシート(ヒーター付)、電子制御ダンパーシステム(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム/PASM)を含むアダプティブエアサスペンション、および後席ヘッドレスト後方のロールアップサンブラインドが標準で備わる。

またパナメーラ4Sエグゼクティブとパナメーラ ターボエグゼクティブには、リヤアクスルステアとソフトクローズドアも標準装備。最もパワフルなモデルであるパナメーラ ターボエグゼクティブには、4ゾーンクライメートコントロール、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)を含むLEDヘッドライト、およびアンビエントライトなども追加される。

ポルシェパナメーラ エグゼクティブ全モデルには、2組の折り畳み式テーブルと新開発の大型リヤセンターコンソールがオプションで用意されるほか、エグゼクティブバージョンのエクステリアは、既存のパナメーラ モデル同様に、スポーツデザインパッケージによってさらなる個性化を図ることも可能となっている。

とりわけ中国と米国でショーファードリブンとしてニーズが高いエグゼクティブ仕様のもうひとつの便利な装備オプションが、最新世代のポルシェ・リヤシートエンターテイメント。フロントシートのバックレストに統合された10.1インチディスプレイは取り外して広範に使用することが可能で、必要に応じてパナメーラの後席を完全にデジタル化された仕事場に変えることができる。しかもディスプレイは車外でもタブレットとして使用可能になっている。

今回の新しい330PSバージョンとエグゼクティブモデルの追加によって、パナメーラには最高出力330PSから550PSまでの全9モデルが揃うことになった。

■グレードと価格

panamera_plice

■問い合わせ先
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ

第2弾:[PR]ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる