情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

メルセデス・ベンツ Gクラスの装備と内外装をアップデート

2016年11月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、同社のクロスカントリービークルのフラッグシップモデルとなる「Gクラス」を一部改良して発売を開始した。今回アップデートされた主なポイントは、以下の4つに集約される。


【編集部からひと言】
基本設計の変更がないモデルだが、装備は最先端の技術が搭載されている。中世に建てられたホテルでもWiFiが使えるという欧州流のセンスと同じ思考だろう。

161111MB_G_CLASS_KAIRYO_1

まず最初に、最新の「COMANDシステム」が全モデルに標準装備された。センターコンソールの上部に備えられた8インチの大型ディスプレイに、カーナビゲーションやラジオ、TV、オーディオはもちろん、ビデオやハンズフリー電話、アドレス帳、インターネット接続、車両の設定など豊富な機能を備えている。そして今回は後退時のパーキングアシストリアビューカメラの作動においてガイドラインの表示を追加。さらにApple社のAppleカープレイとGoogle社のAndroid Autoにも対応している。

161111MB_G_CLASS_KAIRYO_3

エクステリアでは、足回りをスポーティで精悍にする「ブラックホイール」が採用された。サイズはG550は19インチ、AMG G63とAMG G65では20インチとなっている。さらにAMG G63とAMG G65のボディサイドには、エクステリアの軽快さを高める「カーボンファイバーデザインサイドストリップ」を標準装備して、スポーティでアグレッシブな印象を高めている。

161111MB_G_CLASS_KAIRYO_4

また室内に目を移すと、上質なナッパレザーを用いてインテリアの個性をより際立たせる「ツートーンダッシュボード」をAMG G65に標準装備し、AMG G63にオプション設定としている。

161111MB_G_CLASS_KAIRYO_2

一部改良されたGクラスの価格などは以下を参照。
メルセデス・ベンツGクラス中古車情報
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト

161111MB_G_CLASS_KAIRYO_6

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる