情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

[PR]ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー

2016年11月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
c_024

「iceGUARD SUV G075」を装着したシープ チェロキー

2016年9月にヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤに、新たにSUV/クロスオーバー用の「ice GUARD SUV G075(ジーゼロナナゴ)」が加わった。ヨコハマタイヤは、これまでSUV用のスタッドレスタイヤとして「ジオランダー I/T-S」がラインアップされてきたが、新世代の技術を投入しice GUARD SUV G075として生まれ変わっている。

front2

クロスオーバー、SUV用のスタッドレスタイヤとして新登場した「iceGUARD SUV G075]

このice GUARD SUV G075は、どのようにして生まれたのか。次世代のSUV用のスタッドレスタイヤの企画にあたり市場でのユーザーの声を集めたところ、求められる性能の優先度は、氷上でのブレーキ性能がNo1で、次いで雪上でのブレーキ性能、コーナリング性能、氷上での発進性能だったという。

00708

従来の「ジオランダー I/T-S」(左)と、大幅に性能を進化させて新登場した「ice GUARD SUV G075」

またスタッドレスタイヤでさらに向上して欲しい性能は、氷上性能、長持ち性能、燃費性能などが挙げられ、SUV用スタッドレスタイヤでも氷上性能以外に、効きが長持ちすることや低燃費を求めていることが分かったのだ。

この結果、新たに開発するice GUARD SUV G075は、氷上性能を飛躍的に向上させること、効きが長持ちし、燃費性能も向上、つまり転がり抵抗を低減させたスタッドレスタイヤを目指すことになった。

■スーパー吸水ゴムを採用

ice GUARD SUV G075のトレッドのゴムは、低温でもしなやかさを失わず、氷上の水膜を吸収する吸水性能を高め、一方で一般的な乗用車より車両重量が重めのクロスオーバー/SUVに適合させるためにトレッド部のブロック剛性を高め、特にエッジ効果によるトラクション性能の向上がキーポイントとなっている。

super_Q_gomu

多数の「新マイクロ吸水バルーン」と「エボ吸水ホワイトゲル」を持つスーパー吸水ゴムの拡大写真

まず氷上でのブレーキ性能やトラクション性能では、氷上の吸水機能について、スーパー吸水ゴムをice GUARD SUV G075に採用したことがポイントだ。このスーパー吸水ゴムはすでに乗用車用として発売されているiceGUARD 5プラスで開発され、好評を得ている技術だ。

micro_Q_B

アイスバーン上の水分を取り込む「新マイクロ吸水バルーン」

スーパー吸水ゴムは、ゴム部の微小な空洞(マイクロ吸水バルーン)とエボ吸水ホワイトゲルを組合わせたもの。マイクロ吸水バルーンの空洞が水分を毛細管現象で吸水し、さらにホワイトゲルも水分を取り込む材質だ。この2つの吸水システムにより氷上の水分を取り込み、グリップ力を確保するのだ。

EVO_Q_White_Gel

水分を吸収する「エボ吸水ホワイトゲル」

さらにマイクロ吸水バルーンの空洞の露出した内殻は氷を引っ掻く効果も発生する。また、エボ吸水ホワイトゲルの成分は低温でも柔軟で、経年劣化もしにくい性質を持っているので、吸水効果、路面との密着効果は長持ちするのだ。

DSC00758

「エボ吸水ホワイトゲル」の役割

また、回転運動による発熱を抑えるトレッドゴムを採用することで転がり抵抗を低減している。従来のゴムに比べ発熱=ヒステリシス・ロスを抑え、転がり抵抗は約5%少なくなっている。

吸水ゴム

「スーパー吸水ゴム」のアイスバーン上での働き

転がり

転がり抵抗を低減し省燃費性能を向上

■トレッドパターン

トレッドパターンは、接地面積の向上とエッジ効果を高めるようにデザインされている。メインは4本のジグザグ状のグルーブとし、中央のリブは幅広で、各ブロック間のサブグルーブもジグザグ状にしている。

パターン

「ice GUARD SUV G075」のトレッドパターン

センターリグを太くすることで剛性を高め、ジグザグのサブグルーブにより前後方向、左右方向のエッジを効かせることができるようになっている。エッジによって、雪を掴みエッジ部で路面を引っ掻く効果を発揮するのだ。

ブロック剛性

ブロック剛性を最適チューニングした効果

また各ブロックに刻まれた微細な切り込み(サイプ)はトリプル・ピラミッドサイプを採用し、ブロックの剛性を高めている。これはサイプの内部が立体のジグザグ形状になっており、ジグザグ部が互いに絡むことでブロック倒れを抑止する構造だ。これにより、ドライ路面や氷上でも剛性感のあるハンドリングを生み出している。

T_P_D_S

トレッド全面の極細なジグザグ状のスリット

またトレッド全面に極細なジグザグ状のスリットが刻まれ、スリットが生み出すエッジ効果により、氷上、雪上でのグリップ力を生み出している。

T_P_S

ブロックの剛性を高める「トリプル・ピラミッドサイプ」の内部構造

トレッドパターンは、ジグザグ状のメイングルーブ、幅広のセンターリブにより、乗用車用のiceGUARD 5プラスとは異なり、クロスオーバー/SUVらしい力強さを表現しているのもice GUARD SUV G075の特徴になっている。

■性能

ice GUARD SUV G075は、レーダーチャートを見れば一目瞭然で、氷上性能、雪上性能、静粛性能、ハンドリング性能、燃費性能で顕著な性能向上を確認することができる。

00766

ブレーキ特に氷上でのブレーキ性能は従来のジオランダー I/T-Sに比べ23%と大幅に向上。さらに転がり抵抗を5%低減することで燃費性能も高められている。

耐久

また効きの長持ち性能は、シミュレーションによれば4年後の磨耗状態でも十分なスタッドレス性能を確保でき、狙い通りのスタッドレスタイヤに仕上がっている。

iceGUARD SUV G075 サイズ表

関連記事はこちら
ヨコハマタイヤ 「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ

ice GUARD SUV G075 試乗レポート
iceGUARD SUV G075 発売
横浜ゴム アーカイブ
横浜ゴム公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる