情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

300台限定のピンクビートル登場。さらにピーチ・アビエーションとのコラボモデルも!

2016年11月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲングループジャパン株式会社は「The BeetleDesign」をベースに、ボディカラーに初のピンク色を採用した特別限定車「#Pink Beetle(ハッシュタグピンクビートル)」を2016年11月9日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売すると発表した。販売台数は合計300台。ボディカラーは専用色で新色の“フレッシュフクシアメタリック”を採用。全国希望小売価格(税込)は、307万円となっている。

#Pink Beetle(ハッシュタグピンクビートル)

#Pink Beetle(ハッシュタグピンクビートル)

このハッシュタグピンクビートルは、フォルクスワーゲンファンやビートルファンの声によってネーミングされ、フォルクスワーゲンモデルラインアップの中で初めて、モデル名に「#=ハッシュタグ」が付くモデル。

このピンク色のビートルは、2015年のニューヨークオートショーでコンセプトカーとしてデビューし、それ以降、ソーシャルメディアを中心に世界中で大きな話題となっていたもの。それが今回、日本に限定車として導入されることとなった。

ボディカラーのネーミングにも使われているフクシアというのは、アカバナ科の低木。日本ではホクシャとも呼ばれているもの。そのピンクに差し色として、ドアミラーやサイドモールディングをブラックとしていることで、クールなイメージもアピールできるものとなっている。

またインテリアには、GTIシリーズ専用のタータンチェックをピンク色にアレンジしたファブリックシートを採用するなど、おしゃれな雰囲気となっている。安全面では従来オプション装備だった“ブラインドスポットディテクション”や“リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)”を特別標準装備としているのがポイント。さらにバイキセノンヘッドライト(ハイトコントロール機能付)やナビゲーションシステムも標準装備化されている。

GTIのタータンチェックにピンクをあしらうことでおしゃれなテイストに。

GTIのタータンチェックにピンクをあしらうことでおしゃれなテイストに。

ドアなどのピンクが存在感を主張。

ドアなどのピンクが存在感を主張。

またフォルクスワーゲングループジャパンは、このPinkをキーワードとしてピーチ・アビエーションとのコラボレーションを実施する。だれもが安心して、安全に移動できるということと、旅をすることの楽しさという部分を共通項として持つ両社が、女性を中心にもっとたくさんの人たちにその喜びや盛り上がりを感じてもらいたい、という共通の想いから、このコラボが実現している。

限定5台の#PinkBeetle Peach Edition。販売価格は#PinkBeetleと同じ307万円。

限定5台の#PinkBeetle Peach Edition。販売価格は#PinkBeetleと同じ307万円。

機体数は1機、運用は6カ月間を予定。見かけたらいいことがあるかも。

機体数は1機、運用は6カ月間を予定。見かけたらいいことがあるかも。

具体的な共同作業としては、関西空港でピーチ・アビエーションが使用する#PinkBeetleのランプカーを導入するほか、ピーチの機体にフォルクスワーゲンのロゴとザ・ビートルのラッピングをほどこした機体の運航、さらに機内販売専用限定車となる「#PinkBeetle Peach Edition」の発売などが予定されている。この「#PinkBeetle Peach Edition」は、限定5台のみの販売で、購入者にはピーチの搭乗券購入に使えるピーチポイント10万円分の付与、といった特典もあり。またピーチが発行しているフリーペーパー『PEACH LIVE」内でフォルクスワーゲンのクルマを利用したコンテンツ発信も行なわれる予定だ。

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる