Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ミニバンの魅力をコンパクトカーに凝縮、トヨタ新型車ルーミーならびにタンクを発売

2016年11月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOYOTAは、新型車ルーミーを全国のトヨタ店ならびにトヨタカローラ店を通じて、新型車タンクを全国のトヨペット店ならびにネッツ店を通じて2016年11月9日に発売した。価格は146万3400円から。
【編集部のひと言】
ダイハツの企画、生産というトール/トールカスタムのトヨタ版。さらにスバル・ジャスティが兄弟車としてデビューした。これまでAセグメントのワゴンタイプはスズキ・ソリオだけで独断市場だった。このセグメントではニーズがないと思われていたがソリオの販売から、需要の存在がはっきりし、マーケット投入に踏み切ったということだろう。ベースはもちろん、ダイハツ/トヨタのブーン/パッソとプラットフォームを共通としたスモールミニバンとなる。

ルーミーのイメージキャラクターを務める加藤あい。

ルーミーのイメージキャラクターを務める加藤あい。

タンクのイメージキャラクターを務める菜々緒。

タンクのイメージキャラクターを務める菜々緒。

新型車ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」をコンセプトとした、子育てファミリーをはじめ、幅広いユーザーの日常にジャストフィットする新しいタイプのトール2BOX車。乗り降りしやすいパワースライドドアやゆったりくつろげる室内の広さ、多彩なシートアレンジなど、ミニバンの持つ魅力をコンパクトカーに凝縮したのが特徴だ。ちなみにルーミー、タンクはダイハツとの共同開発車で、ダイハツの新型車トールはいわゆる兄弟車にあたる。生産はダイハツの池田工場にて行われる。

ダイハツ・トールの詳細はこちら

ルーミー、タンクは、広々とした室内空間ながら取り回しの良さを確保したのが特徴。さらに電動で開閉可能な両側パワースライドドアの採用など、乗り降りしやすさにもこだわっている。

パッケージング

パッケージング

両側パワースライドドアを採用。

両側パワースライドドアを採用。

使いやすいインテリアもポイントで、フロントシートはウォークスルーが可能で、リアシートには240mmのスライド機構を採用するなどシートアレンジの自由度も高い。最前方までスライドさせると、5人乗車でも荷室に機内持ち込み用スーツケース4個の積載が可能であるなど、乗る・積むというミニバンに求められる要素が漏れなく盛り込まれている。

カスタムGTのインテリア。

カスタムGTのインテリア。

カスタムGTのインテリア。

カスタムGTのインテリア。

G“S”のインテリア。

G“S”のインテリア。

G“S”のインテリア。

G“S”のインテリア。

シートアレンジ。

シートアレンジ。

シートアレンジ。

シートアレンジ。

エンジンは、1.5Lクラス相当のトルク(140Nm)を発揮する新開発1.0Lターボエンジンを採用。高速走行でもストレスを感じさせない快適な加速性能を実現し、かつ低燃費化も実現。2WD車は24.6km/L、4WD車は22.0km/L、ターボ車は21.8km/Lを実現と、全車エコカー減税対象車となる優れた低燃費性能を実現しているのだ。

1.0L 1KR-VET VVT-I ターボエンジン。

1.0L 1KR-VET VVT-I ターボエンジン。

安全面でも、街乗りでの事故被害の軽減を主眼とした、衝突回避支援システム「スマートアシスト㈼」を搭載。「衝突警報機能(対車両・対歩行者)」、「衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)」、「誤発進抑制制御機能(前方・後方)」、「車線逸脱警報機能」、「先行車発進お知らせ機能」の5つの機能でドライバーをサポートする。

エクステリアは、ルーミーは厚みのあるヘッドランプと面を強調したグリルにより、重厚感のある力強さを表現し、タンクは切れ長のヘッドランプと大開口アンダーグリルの組み合わせにより躍動感を強調している。両車にメッキ加飾や専用バンパーを施したカスタムグレードを設定しており、計4つのスタイルから選べることとなる。

ルーミー 車両情報
タンク 車両情報

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる