Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

【コラム】「カッコイイのに面白いって、無敵!」~~「 ランドローバー/レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」@吉田由美

2016年11月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田由美のピンポイント&チャームポイントVOL.71

unnamed (1)

このところ、いろいろなブランドから次々に登場するSUV。個人的にも気になるボディスタイルですが、中でも「レンジローバー イヴォーク」はイギリスの高級SUVブランド「レンジローバー」が満を持して世に送り込んだモデル。コンパクトでスタイリッシュ、さらにレンジローバーブランドなのにお値段もお得ということで爆発的人気に。

unnamed (2)

私もなんで登場したときに買わなかったのか、と時々後悔するぐらい。

私は自分の愛車を購入するときは、やはり仕事柄なのか、出たばかりの、いろいろな意味で“旬のクルマ”を購入したいと思っていますが、「イヴォーク」が登場した時も相当気になりつつも、なぜか見送ってしまいました・・・。

が、このタイミングで出た~!

「イヴォーク」のオープンカー版「イヴォーク コンバーチブル」が登場。

もともと「SUV」「オープンカー」というのはこのところ、私の気になるキーワードではありますが、今までありそうでなかったSUVのオープン版。

そもそもスタイリッシュでカッコイイ「イヴォーク」の屋根が開いたら、カッコ悪いわけがない!

いえ、絶対にカッコイイはず!

試乗できる日を心待ちしていました。

DSCN5000

サイドのベルトラインから上が開いているSUV・・・。コンセプトカーなどではこういったスタイルの物はあったとしても、それを実用化するのは難しい。なぜなら、特に昨今では衝突安全性の面から、屋根を開けた状態で剛性を保つのはとても難しいのです。というか、たとえできたとしてもお値段はかなり高くなること間違い無し!

unnamed

実は、某国産ミニバンの試乗会で開発の方と話しているときに、「このクルマも屋根が開いたら面白いのに」という話をしたところ、「剛性を保つのに数億円の開発費がかかるので、ファミリーカーには難しい」とのこと。

しかし、それを「イヴォーク コンバーチブル」はやってのけたのですからアッパレ。

屋根の部分は、防音仕様のZ型格納式ソフトトップ・ルーフ。

時速48㎞/hまでなら走行中でも21秒で展開。収納にはさらに早い18秒。

大人4人がゆったり座れ、しかも屋根開きの世界を共有できる魅力的な移動体に変身。

とはいえ、屋根が開いた「イヴォーク」は、サイドのベルトラインも高いし、普通の「イヴォーク」より大きく見えますが、実際は全長は+4cm、全高も+1.5cmと大きくなっていますが、むしろ全幅は-6.5cmとコンパクトに。

でもでも、やっぱりお値段は765万円と+263万円!!欲しい!でも高い!買えないーーーっ!!!

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる