情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ 2016年米国SEMAショーでシビック タイプR プロトタイプモデルなどを公開

2016年11月4日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、米国・ラスベガスで開催された「2016 SEMA(Specialty Equipment Market Association)トレードショー」で、9月にパリモーターショーで初披露した「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」プロトタイプモデルなどを公開した。

ホンダブースではさらに、ホンダの純正カスタマイズブランドであるHFP™(Honda Factory Performance)製のアクセサリーを装着した「シビック ハッチバック」のコンセプトモデルをはじめ、10代目「シビック」シリーズの各モデルをベースにさまざまなチューニングやカスタマイズを施した車両を出展。同シリーズの魅力を広げる提案をしていた。

また、2016年フルモデルチェンジを行なったピックアップトラック、新型「リッジライン」に荷台の積載エリアを拡張できるベッドエクステンダーやスポーツグリルなど、さまざまな純正アクセサリー用品を装着し、多用途性や外観の魅力をより一層引き出した車両も展示している。

SEMA 2016

SEMA 2016

 

SEMA 2016

SEMA 2016

アキュラブースでは、2017年に北米レースでデビュー予定の「NSX」GT3レースカーを出展。レースの世界観で統一させたラッピングを施したラグジュアリーSUV「MDX」と、NSXのイメージをモチーフにしたオリジナル製作のトレーラーと共に展示している。

この件に関する問い合わせ先は、「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」まで。

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる