情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【今日の編集後記】なんだか楽しいぞ!アバルト124スパイダー

2016年10月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アバルトから気になる124スパイダーが発売された。ご存知のようにマツダ・ロードスターのアーキテクチャーを共有したモデルで、アバルトのフィロソフィーを投入した新型オープンスポーツカー。

DSCN3272

メディア向けの試乗会はなんと、富士スピードウエイのレーシングコースで開催された。もっともトップスピードを制限するため、ストレートにはパイロンでシケインが設けられ、また国内用のスピードリミッターも設定されたままなので、最高速までは不明だった。

DSCN3199

DSCN3201

DSCN3293

ロードスターとの違いでもっとも注目なのはエンジンでしょう。違うか?フェイスマスクか?いや、1.5LのNAと1.4Lターボという違い。

ロードスターの輸出モデルには2.0Lモデルもあり、1.5Lでは物足りないという声も多く聞く。でも、ひとたびロードスターに乗ってみると、そのバランスの良さや軽快間などから、「モアパワーは不要っすね。1.5Lがちょうどいい感じ」という声が増えてくる。

DSCN3308

1.4Lターボのアバルト性エンジン。マルチエアエンジンという呼称もある

DSCN3311

ビューティホーなエンジンルーム。サソリもいます。タービンまるだし

アバルトはマルチエアのダウンサイジングターボで、もちろんロードスターよりもパワーがある。しかしレーシングコースの試乗ではパワーはあればあるほど楽しくなるし、500psを超えるようなモデルだと、走り方も変わってきて、馬力に応じた走り方をしてしまうのも事実。だから、マツダ・ロードスターより、いいとか悪いとか、そんな価値観は微塵も脳裏をかすめない。

DSCN3207

ポテンザRE050。ロードスターはアドバンV105

エンジンサウンドはさすがアバルト。イタリア人魂とでもいうのか、感情を高ぶらせるすべが分かっている。スロットルに素直に反応するエキゾーストサウンドは、本気でスロットルを踏ませてくれる。そしてブレーキの安心感も大きかった。

ブレンボのブレーキシステムを装備した124スパイダーは、調子に乗ってぶっ飛ばした車速を安定して減速させ、安全な速度まで導く。

DSCN3318

基本ロードスターと同じだが色気をちゃんと作っている

DSCN3200

このシートデザインは刺さる!

DSCN3211

どや!

他にロードスターと違うかな?と感じたのは、ロールのフィーリング。ロードスターのRSモデルがビルシュタインのダンパーを採用していて、この124スパイダーもビルシュタインを採用している。どちらも銘柄は一緒だけど、減衰の作り方はこだわりがあるのだろう。

ロードスターRSはコーナリングでヨーモーメントをはっきり感じるモデルで、したがって安心感と旋回性を感じ気持ちよくコーナーを抜けていくが、124ではロードスターよりもダイアゴナルロールを強く感じるのだ。これは動きのしなやかさとして伝わり、クルマとの対話をしやすいと感じる。

DSCN3355

どちらが、良い悪い、という評価ではなくそれぞれの個性と考えるのが素直。自分はどちらに魅力を感じるのか?という違いでいい。もっとも、ロードスターを買うのか124スパイダーを買おうか、迷うユーザーはそう多くないと思うけど。この2台、それぞれ異なる個性があるなぁという編集後記でした。

DSCN3288

楽しくてすみません、たかはしです

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる