Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

アウディ 今季でWEC撤退! フォーミュラEに本格参戦

2016年10月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WEC Fuji 2016

2016年型LMP1マシン「アウディR18クワトロ」

2016年10月26日、アウディの取締役会のルパート・シュタートラー会長が2016年シーズンで世界耐久選手権から撤退し、将来を見据えた新たな課題に挑むとことが取締役会で決定されたと発表した。

ネッカーズルム、ノイブルクにあるアウディのレース活動オペレーション会社、アウディ・スポーツの300人の従業員を前に、これら専門家のスキルやノウハウは引き続きレース活動と市販スポーツモデルに生かされると語った。

ノイブルクにあるアウディ・モータースポーツ部門の中枢センター

ノイブルクにあるアウディ・モータースポーツ部門の中枢センター

アウディは18年間にわたって参戦してきたWECから撤退し、新たに電気自動車のレース「フォーミュラE」に参戦することにしたのだ。「アウディのラインアップにおいて、今後電気自動車の比率が次第に高くなって行きます。アウディの先進技術を代表するモータースポーツのレースカーは、その技術力を示すものでければなりません。電気自動車による最初のレースシリーズであるフォーミュラEは、2018年から完全なバッテリー駆動による電気自動車をラインアップに加えるアウディのブランド戦略に完璧にマッチしています」と、シュタートラー会長は語る。

2016/2017シーズン用の「ABTシェフラー・アウディスポーツ FE02」

2016/2017シーズン用の「ABTシェフラー・アウディスポーツ FE02」

アウディは現在、ABTシェフラー・アウディスポーツのチーム&マシンをサポートしているが、これまでの協力関係をさらに強化。2017年後半からのアウディのワークスチームとしてのフル参戦に向けて、現在ABTチームとともに技術開発を行なっている。

FIA Formula E, race 1 Hongkong

フォーミュラEの初年度は完全なワンメイクレースで、各コンポーネンツの改良は許されなかったが、2016-17シーズンは駆動モーターなどのメイン・コンポーネンツを独自に開発することがが可能となり、いち早くルノー、アウディが参画している。

さらに、2017-18シーズンからは駆動モーター、インバーター、トランスミッションなど新しいドライブラインの設計・開発が自由化される。そしてシーズン5(2018-19)からはレース中にドライバーはマシンの乗り換えなしの1カー体制になることがロードマップで示されている。

このため、ルノー、アウディ以外にシトロエン、ジャガー、BMW、メルセデス・ベンツが参入の意欲を見せており、日産の参戦も囁かれている。アウディはいち早く体制を固め、ワークスチームとして技術開発を開始したのだ。

アウディ DTMチーム

アウディ DTMチーム

アウディ・モータースポーツとしては従来通りDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)には参戦する。2016年シーズンは、DTMマニファクチャラーズ・チャンピオン、ドライバー・チャンピオンの2冠に輝いたが、2017年はニューマシンを開発して挑む。

ラリークロスに参戦しているS1 EKS RX クワトロ

FIAラリークロス選手権に参戦している「S1 EKS RX クワトロ」

さらにFIA世界ラリークロス選手権(World RX)への参戦はまだ結論が出ていないという。現在、アウディ・ワークスドライバーのマティアス・エクストローム選手がワークスではなくEKSチームからEKS S1 RXクワトロで出場し、2016年のチャンピオンとなっている。アウディ・モータースポーツはEKSチームの支援を行なうかどうかも含め検討中だという。

アウディのWEC用プロトタイプマシン(2000年型~2014年型)

アウディのWEC用プロトタイプマシン(2000年型~2014年型)

アウディはWECにプロトタイプ・レーシングカーで18年間連続参戦し、ル・マン24時間レースで13回優勝し、選手権戦では106回優勝を遂げ手いる。また2006年からはディーゼル・ターボ「TDI」エンジンを投入しル・マンを制覇。さらに2012年にはTDIハイブリッドで優勝するなど、圧倒的な成績を記録している。

Audi R18

2016年型「R18」

編:今回の決定は、アウディ本社というよりフォルクスワーゲン・グループとしての決断だろう。フォルクスワーゲンはポロWRCで世界ラリー選手権を席巻しており、ポルシェはアウディの後を追って2014年から世界耐久選手権に参戦している。技術による先進をスローガンとするアウディとしてはもはやTDIテクノロジーでWECに参戦する時代ではなく、電気駆動テクノロジーの追求のステージに入るべきという決断だと考えられる。

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ

アウディ アーカイブ
アウディAG 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる