Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

日産の次期型エクストレイルは英国サンダーランド工場で生産

2016年10月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は2016年10月27日、10月26日に開催したエグゼクティブ・コミッティ(経営会議)において、現在英国サンダーランド工場で生産しているSUV「キャシュカイ」の次期型車に加え、次期型「エクストレイル」も同工場で生産することを決定したと発表した。

この決定は、サンダーランド工場の競争力維持を公約する、英国政府の表明を受けてなされたものとなっている。これによって日産はサンダーランド工場への投資を増やし、同工場で働く7000人以上の雇用を確保、維持することになる、ということだ。

161027-03-04-1200x900

日産の社長兼最高経営責任者のカルロス・ゴーン氏は「当社が引き続きサンダーランド工場に投資できることを嬉しく思います。同工場の従業員は、日々、高品質で価値の高いクルマを生産し、サンダーランド工場を世界でも有数の競争力の高い工場にしてくれています」と述べている。また「英国政府から支援と公約を得られたことで、サンダーランド工場での次期型キャシュカイと次期型エクストレイルの生産決定につながりました。テリーザ・メイ首相の、英国の自動車産業および産業戦略全体の発展に対する強い決意に敬意を表します」とも語っている。

161027-03-01-1200x900

日産のサンダーランド工場は、1986年の操業開始以来、累計で900万台、英国で生産されたクルマの3分の1を送り出してきた、日産にとっての英国の生産拠点であり、ここで造られたクルマの約8割は130以上の国と地域に輸出されている、同工場ではこれまで、200万台以上のキャシュカイを生産していて、7000人にのぼる従業員に加え、サプライチェーンでは2万8000人の雇用を支えている。これまで日産は、サンダーランド工場に37億ポンドを超える投資を行なってきている、とのことだ。

161027-03-02-1200x900

161027-03-03-1200x900

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる