情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ルノー・日産アライアンスがコネクテッドカーとモビリティサービスの将来戦略を発表

2016年10月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルノー・日産アライアンスは2016年10月25日、コネクテッド・カーおよびモビリティサービスにおける将来的な戦略について、コネクテッド・カーおよびモビリティサービス担当のアライアンスSVPであるオギ・レドジク氏から発表があった。

日産グローバル本社で行なわれたこの説明会では、新技術が自動車業界にあたえる影響、およびアライアンスが2020年までに目指す10車種以上への自動運転技術搭載にも貢献する、コネクティビティ技術や機能の開発戦略について語られた。

その中でレドジク氏は「グローバル自動車産業が戦略上重要な転換期を迎えている中、ルノー・日産アライアンスは、EVや自動運転技術、コネクティビティ機能を主要セグメントの量産車に手頃な価格で業界に先駆けて提供しています。また、マイクロソフトなどの大手IT企業と提携することで、コネクテッドおよびモビリティサービスの開発も加速しています」と述べている。

ルノー・日産アライアンスは現在、レドジク氏主導の下で社内ソフトウェア開発チームを立ち上げていて、2016年6月にはルノーおよび日産の既存チーム(各社約300名在籍)の開発能力を補完するため、ソフトウェア開発およびクラウドエンジニアリング、データ分析、機械学習、システムアーキテクチャーにおける専門技術者300名の採用を開始している。さらに日産は迅速なサービス開発を行なうため、中目黒(東京都目黒区)にオフィスを新設、今後2年間で150名の人材を新たに採用し、開発を進めていく、と発表している。

編:将来の自動運転には欠かせない技術と位置づけされているのが、インターネットの常時接続。周辺の車両だけでなく半径数十キロの情報まで常に把握することで、交通事故ゼロにつながっていく技術となる。

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる