情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

住友ゴム 最新材料開発技術を採用し低燃費、グリップ、耐磨耗を極めたダンロップ 「エナセーブ NEXT Ⅱ」を発売

2016年10月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

top

2016年10月21日、住友ゴムは、ラベリング制度で最高グレード「AAA-a」を達成した、エナセーブのフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブ NEXT Ⅱ」を11月1日から発売する。発売サイズは1サイズ。

エナセーブ NEXT Ⅱは、新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN(アドバンスド4Dナノデザイン)」を駆使して開発されたタイヤの第1号だ。

2016_098_101

アドバンスド4Dナノデザインによる材料開発プロセス

「ADVANCED 4D NANO DESIGN」は低燃費、ウエットグリップ、耐摩耗性能という、相反性能であるタイヤの三大性能を高い次元で両立させるため、大型放射光研究施設「SPring-8」、大強度陽子加速器施設「J-PARC、スーパーコンピュータ「京」の連携活用によりナノからミクロンレベルまで、ゴムの内部構造を精密に解析し、シミュレーションしてゴムを開発する手法だ。この技術は2015年の「東京モーターショー」で発表されている。

2016_098_071

新フレキシブル結合剤

エナセーブ NEXT Ⅱはシミュレーションにより分子設計された「新フレキシブル結合剤」を採用している。新フレキシブル結合剤はゴムが変形した際にシリカとポリマー間に局所的にかかる力を逃がしてゴムの破壊を抑制し、耐摩耗性能を大幅に向上させる。これにより低燃費性能とウエットグリップ性能を両立させ、さらに耐摩耗性能を従来品に比べ51%と驚異的に向上させている。

2016_098_081

エナセーブ NEXT Ⅱはラベリング制度における転がり抵抗性能とウエットグリップ性能の最高グレードである「AAA-a」を達成し、エナセーブ・シリーズのフラッグシップと位置付けられている。

発売サイズは195/65R15 91Hの1サイズで、希望小売価格は2万1600円。

編:エコカー開発におけるタイヤの役割は非常に重要で、タイヤメーカーに求める性能は厳しさを増し続けていると聞く。それらの要求性能に対し、応えるために新技術も投入されているのがタイヤ開発の現場だ。

 

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ

ダンロップ アーカイブ
ダンロップタイヤ公式サイト
住友ゴム公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる