Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スズキ、Android Auto™に対応するナビゲーション更新ソフトをインターネット配信開始

2016年10月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1017_1
スズキは2016年10月17日より、軽乗用車「スペーシア」「アルト ラパン」「ハスラー」および小型乗用車「ソリオ」「イグニス」の全5車種にメーカーオプション設定している「全方位モニター付メモリーナビゲーション」用の更新ソフトウェアを、インターネットで配信開始した。

更新ソフトウェアによって新たに付加される機能の目玉となるのは、クルマの中でスマートフォンをより安心・快適に楽しむことができるAndroid Auto™への対応だ。Android™搭載スマートフォンをUSB接続することで、通話・音楽再生・メッセージなど、スマートフォンの様々な機能をナビ画面で操作が可能となり、音声認識機能を使った操作にも対応する。

従来対応していたiPhone向けのApple CarPlayと合わせ、スマートフォンとナビの連携機能を一段と高めた形になる。

さらに、より高精度の渋滞回避案内が可能となる新交通情報サービスVICS WIDEや、ETC2.0車載器と連携した高速道路料金割引等の新サービスにも対応。さらなる利便性の向上を図っている。

1017_2

すでに対応車種で全方位モニター付メモリーナビゲーションをご利用しているユーザーは、今回配信のソフトウェアに更新することで機能を向上させることができる。今後の生産車については、ソフトウェア更新済の全方位モニター付メモリーナビゲーションが搭載される。

編:クルマのナビ更新がインターネット配信。この手のサービスは日本は強い。高級輸入車であってもテスラを除けば、いまだにディーラーで更新作業。さらに有料というケースも。

■Android Auto™について
https://www.android.com/intl/ja_jp/auto/
■ソフトウェアの更新はこちらから
http://www.suzuki.co.jp/car/information/carnavi/support/

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる